09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Cinema Chips

映画と海外TVドラマの感想と新作情報、ブログパーツなどを紹介しています。 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

映画「ワールド・オブ・ライズ」の感想です。DVDリリース 

レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウが共演した映画「ワールド・オブ・ライズ」のDVDとブルーレイが4月29日にリリースされました。この映画は2008年12月の公開でした。私は劇場公開時に観ましたが、私の好きな監督さんのリドリー・スコット監督の作品でもあり、アクション映画好きですから面白かったです。ディカプリを評する時に必ずと言って良いほど「童顔が邪魔!」って言ってしまうんですけど、最近のこの手のハードなアクション映画は中々さまになってると思います。

この映画のディカプリも「ディパーテッド」のように二つの世界の狭間で苦闘すると言う役柄です。中東のテロ組織と現地の諜報機関とCIAとが絡み合って、そこで現場で活躍する工作員や情報屋の虚々実々の情報戦が始まります。派手な爆破シーンあり、リアリティーを感じさせる戦争アイテムあり、テンポの良いアクションシーンありと、おまけに社会派なテーマを加えたドラマ性も十分楽しめるエンターテイメント映画です。ただし、拷問シーンなんかもあるのでちょっとハードな内容でもあります。

デスクワークに徹した安全地帯から冷徹な指示を出すベテランCIAの上司と言う役作りのために20キロも体重を増やしてこの役に臨んだと言うラッセル・クロウのお気楽CIAの上司っぷりと、そんなお気楽な上司にキレながらも緊迫の現場で命を懸けてテロリストの爆破犯を追うディカプリの一匹狼的なスパイ役との掛け合いが不思議な構図でしたけど!?あれって、実際は違いますよね!?(苦笑){/face_ase2/} ハイテクに頼り過ぎるアメリカの作戦とローテクでまんまと裏をかいくぐるテロリストの駆け引きも面白いです。

この映画の見所の一つは空撮映像です。中東の紛争地帯の市街地や砂漠の真ん中にあるテロ組織のアジトなどの映像は上空に無人偵察機を飛ばして、遠く離れた安全なCIA本部からパソコンの画像で把握できてしまいます。そしてケータイや通信衛星・・・etc、いろんなハイテク機器を駆使して、その画像を見ながら「あの建物や、あの車列や、あの群衆・・・」と言う様にピンスポットで現地のCIAの工作員に指示を出すと言う、まるでTVゲームでも観ているような錯覚を起こしてしまいそうな映像でした。

そう言えば、わたしんちのパソコンからでもグーグルマップで世界中の街並みがリアルタイムでは無いとは言ってもバッチリ見えるし、北朝鮮の軍事基地さえ見えます。ストリートビューで住所を検索して覗いたら、単に街並どころかマンションに干してある洗濯物や駐車場に止めてある車のナンバーまで見えちゃって、隣に飲料水の自販機有るやん!ってとこまで見えてしまうし、路地を回り込んで裏側も見えてしまう!{/face_ase2/}こう言う世界になってるって分かっているから、あの無人偵察機からの映像で本部から指令を出して工作員を動かすって言うのが、マンガチックではなく、めっちゃリアリティー感があって恐い世界に思えましたわ!

ラストシーンでディカプリが演じるロジャー・フェリスが下した決断は、アメリカの掲げる正義や大義は誰の為のものなのか、アメリカが世界に押し付ける価値観や理想や秩序がすべて正しいのかを問いかけているように思いました。

  • 私の採点≫採点表星4個です!



  • ワールド・オブ・ライズ
    ワールド・オブ・ライズ
    ワールド・オブ・ライズ
    ワールド・オブ・ライズ
    「ワールド・オブ・ライズ」
    (2008年12月20日公開)

  • 上映時間≫ 2時間 8分

  • 製作年:製作国≫2008年10月 :アメリカ

  • 英題≫「 Body of Lies 」

  • 監督≫リドリー・スコット

  • 出演≫レオナルド・ディカプリオ(ロジャー・フェリス役) / ラッセル・クロウ(エド・ホフマン役) / マーク・ストロング (ハニ・サラーム役)/ ゴルシフテ・ファラハニ / オスカー・アイザック / サイモン・マクバーニー 他


  • ストーリー≫CIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマ。ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デヴィッド・イグネイシャスの原作を『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・スコット監督が映像化。【ヨルダンを拠点に大規模なテロを計画する首謀者の手がかりを得たロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は組織に潜入しようと試みる。そのためには狡猾なCIAのベテラン、エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)らの協力が必要だった。味方とはいえ過信ができない不安定な状態の中、潜入作戦実行の期限が迫る…。】(Yahoo!映画より)


  • ランキング≫全米興行成績は初登場3位


  • 米Yahoo!ユーザー6段階平均評価 「 B 」

  • 米Yahoo!批評家6段階平均評価 「 B- 」

  • 人気ブログランキングへ人気ブログランキングサイトへ






    category: 映画〃や・ら・わ 行

    thread: 映画感想 - janre: 映画

    cm 0   tb 0   page top

    映画「ワルキューレ」 の感想です。 

    最初この映画の予告編を観た時に「今時ヒトラー映画!?」って思いましたが・・・当時ヒトラー暗殺計画なるものが40数件も起こっていたとは知らなかったので、ちょっと興味をそそられて公開初日に観てしまいました。

    ヒトラー暗殺計画の史実に基づいた脚本なので、史実ゆえに結果は映画を観る前から失敗すると分かっている訳です。そこで、どのように計画を立てて、敵味方を選別して仲間に引き入れ、準備万端整えたのにどうして失敗したのか!?と言う極秘計画の顛末が見所となるんですが・・・、クーデター計画に加わった人たちの苦悩や恐怖心などハートの部分が深く描かれていないので、実に淡々とスピーディーに事が進んで行って、こちらが敵味方の区別が付く前にあっけなく計画は実行されて失敗に終わります。(苦笑)。

    それと、あの歴史上の誰でも知っている”ヒトラー率いるドイツ軍”が全て英語をしゃべっていたのも感情移入し難かったです。これまで私が一度も第二次世界大戦を舞台にした連合軍対ドイツ軍の攻防を描いた戦争映画を見た事がなくて、英語とドイツ語のニュアンスの区別が付かないようなら気にならなかったと思いますが・・・、いつも悪い側に描かれていたドイツ軍が英語を話していたら、その時点でドイツ軍が連合軍に見えてしまって、違和感を感じてちょっと残念でした。

    他にも気になったのが、独裁者ヒトラーの野望と狂気が描かれていなかったので拍子抜けな感じでした。誰でもヒトラーとドイツ軍の残虐行為は分かっているので敢えて強調しなかったんでしょうか!?まぁ、この映画で今更残虐行為を強調して描写する必要もないと思いますが、やっぱり、ドイツ軍の内部からヒトラー暗殺を思い立った動機付けとしてヒトラーの狂喜の部分の描写がもう少し有っても良かったかなぁと思いました。

    ヒトラーの圧倒的な存在感を見せることなく全体的にパワー不足で、善と悪を際立たせるインパクトのあるエピソードがなかったので、サスペンス色を感じさせない淡々とした内容に思えたんだと思います。内容的には面白いテーマだと思うので、吹き替えで観たら違和感は消えて単純に映画の中に入っていけたかも知れませんわ!?


  • 私の採点≫採点表3個です!


  • ワルキューレ
    ワルキューレ
    ワルキューレ
    ワルキューレ
    ワルキューレ
    「ワルキューレ」 (3月20日(金)公開)

  • 上映時間≫ 2時間0分

  • 製作年:製作国≫ 2009年 3月 : アメリカ/ドイツ

  • 英題≫「 VALKYRIE 」

  • 監督≫ブライアン・シンガー

  • 出演≫トム・クルーズ / ケネス・ブラナー / ビル・ナイ / トム・ウィルキンソン / カリス・ファン・ハウテン 他


  • ストーリー≫ 第二次世界大戦時に実際にあったヒトラー暗殺計画を題材にした戦争サスペンス。ヒトラーの独裁政権に屈する者と世界を変えようとする者、そして両者の裏で陰謀をたくらむ者が、戦争の混乱の中で繰り広げる駆け引きを描く。監督は『スーパーマン リターンズ』などのブライアン・シンガー。【第二次世界大戦下のドイツ。将校・シュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、祖国の平和のためにヒトラー暗殺計画を思いつく。】(Yahoo!映画より)


  • 来日情報≫トム・クルーズが3月8日に家族3人揃って来日。10日に来日記者会見の後、11日に六本木ヒルズアリーナにてジャパンプレミアを開催。そして12日には、ジェット機を1機チャーターして抽選で選ばれたファンと報道陣と共に大阪までフライト!大阪TOHOシネマズ鳳にてワールドツアーのグランドフィナーレを飾る。・・・と、前代未聞のスケールでした。


  • ランキング≫全米興行成績は初登場4位


  • 米Yahoo!ユーザー6段階平均評価 「 B 」
  • 米Yahoo!批評家6段階平均評価 「B-」


  • 人気ブログランキングへ人気ブログランキングサイトへ




    category: 映画〃や・ら・わ 行

    thread: 映画感想 - janre: 映画

    cm 0   tb 0   page top

    フリーエリア

    カレンダーと月別ナビ

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のトラックバック

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    ブログ内検索

    FC2カウンター

    QRコード

    RSSフィード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。