06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Cinema Chips

映画と海外TVドラマの感想と新作情報、ブログパーツなどを紹介しています。 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

「ゾディアック」 

「ゾディアック」を観ました。この映画の監督さんは、同じく連続猟奇殺人を扱った作品で、衝撃的なラストが印象に残る「セブン」のデビッド・フィンチャー監督です。その映画の「セブン」で共演したブラッド・ピットとグウィネス・パルトローは、私生活でも恋人同士になって婚約発表までしちゃったけど、婚約を破棄して 別れてしまったと言う、ある意味いわく付きの映画でも有りましたね。・・・全くゾディアックと関係の無い余談でした。
ゾディアック
ゾディアック
ゾディアック
ゾディアック
ゾディアック
「ZODIAC / ゾディアック」 (6月16日公開)

  • 上映時間≫ 2時間37分 (PG-12指定)

  • 製作年:製作国≫ 2007年 : アメリカ

  • 出演≫ジェイク・ギレンホール / ロバート・ダウニーJr / アンソニー・エドワーズ / ブライアン・コックス / イライアス・コーティーズ / ドナル・ローグ

  • ストーリー抜粋≫1969年、ドライブ中のカップルが襲撃され、女性は死亡、男性も重症を負う事件が起こった。その1ヵ月後、新聞社に事件の犯人と思しき人物――後に“ゾディアック”と名乗る男から犯行を告白する手紙と暗号文が届けられる。曰く、暗号文を新聞に載せないと大量殺人を決行するという。暗号は新聞に掲載され、新聞記者のポール・エイブリー(ロバート・ダウニーJr)や風刺漫画家のロバート・グレイスミス(ジェイク・ギレンホール)は“ゾディアック”の謎解きに並々ならぬ関心を抱く。…そして、いつしか彼らの人生をも変えてしまう。
    (by goo 映画 より)

  • 来日情報≫ノープロモ!?


  • ランキング≫全米興行成績は初登場2位
  • 米Yahoo!ユーザー6段階平均評価「B」
  • 米Yahoo!批評家6段階平均評価「B+」


  • ■感想です≫

    ちょこっとネタバレしていますので、未見で、これから観る予定の人はパスしてもらった方が良いかも知れません。(^_^;)


    この映画は、サンフランシスコで1960年代後半から1970年代前半にかけて、実際に起こった連続殺人事件を題材にした映画だそうです。犯人自ら”ゾディアック”と名乗り、新聞社や警察に暗号を使った犯行声明文や、犯行予告文、被害者の血の付いた衣服の切れ端などを送りつけて、警察を挑発すると言う大胆で異常な事件でした。たぶん事件の詳細を忠実になぞって作られていると思われ・・・当時この事件に関わった刑事と新聞記者と暗号解読に没頭していく漫画家を中心に物語は展開します。

    当時の事件発生の真っ只中の1971年に公開されたクリント・イーストウッド主演の「ダーティーハリー」は、この”ゾディアック連続殺人事件”を髣髴とさせる内容が盛り込まれ、犯人に対する市民の強烈な怒りをメッセージとして作られたらしい。劇場型犯罪で自己顕示欲の強い犯人が”自分を模した犯人が映画になっている”と言うので、観に来る可能性が強いと判断した警察が映画館に張り込んでいたらしい。

    今回の「ゾディアック」の映画の中でも、「ダーティーハリー」の映画の公開シーンや映画館で「ダーティハリー」を観る観客の様子や、主人公の一人であるゾディアックを追っている刑事がその映画を観ているシーンが有りました。「ダーティーハリー」では、最後に犯人が幼稚園バスを乗っ取って、ハリー刑事と格闘の末、ハリー刑事に撃ち殺されて終るのですが、実際は、今現在もこの連続殺人事件は未解決のまま犯人を特定できていないそうです。

    そう言う未解決事件でも有るし、悪夢を思い出したくないとか言う事も関係しているのか分かりませんが!?アメリカでは、あまりヒットはしなかったみたいですね。犯人と刑事との駆け引きや証拠調べの様な犯罪捜査をメインに描いていないので、主人公のギレンホールも地味な分リアルに見えて{/ase/}、当時の事件のドキュメンタリー映画を観ているような重い内容でした。

    私は、クライムサスペンスとして観たら見応えが有ったと思います。ビジュアルの派手さはないけど、犯行の見せ方が恐かったです。最初の犯行から淡々と衝撃的な殺害場面が続いていきます。カップルを物色して、二人に向けて犯人は容赦なく何発も銃弾を打ち込み、或いはナイフでメッタ刺しにすると言う、とても直視できない残酷で非情な殺害場面でした。誰かも分からない殺人者に意味もなく殺されていく恐怖と絶望感がただただ広がっていきました。

    犯人が捕まっていて事件が一応解決していたら、また受け取り方も違ったかも知れませんが、当時、犯人と目された人物は証拠不十分で逮捕もされていない。その後、その男性は否認したまま病死しているらしいので、未解決のまま事件もまた葬られました。私の好みから言うと、映画として観るなら、映画独自の脚色で「ダーティーハリー」のように犯人に鉄槌を下して、物語としての決着を付けた終わり方の方が好きです。その方が観終わった後、少しは気が晴れると言うものですから


    私の楽天ブログ(GOOD☆NEWS )はこちらです。
       プロ野球ネタも書いています。

      人気blogランキングへ 
    参加しています。
    スポンサーサイト

    category: 映画レビュー さ 行

    thread: 映画感想 - janre: 映画

    コメント

    こんばんは。

    TBありがとうございます。
    ダーティハリーがゾディアックをヒントにした映画だとは知りませんでした。でも、犯人像がまったく違いますね。ダーティハリーは続編がたくさんつくられましたが、ゾディアックはちょっと難しいかな。
    ジョー #SFo5/nok URL [2007/06/29 22:43] edit

    レスです。

    ジョーさん、、こんにちは。

    この映画、タイトルの語感からすると、もっと猟奇殺人かと思って覚悟して観たんですけど、まぁ、もちろん殺害場面は厳しいものが有りましたが、気持ち悪さがなかったので良かったです。

    証拠不十分で法では裁けないのでダーティーハリーのように”私刑”にしたかったんでしょうか!?v-26 「ダーティーハリー」の方は、さすがに脚色はしていましたが、市民の怒りを代弁したような映画だったんですね。
    ミスト (管理人) #ghyQKWog URL [2007/06/30 11:09] edit

    page top

    コメントの投稿

    Secret

    page top

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://cinemachips.blog91.fc2.com/tb.php/53-2a6462d4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ゾディアック

    犯人は必ずいる。
    Akira's VOICE [2007/06/29 15:49]

    『ゾディアック』

    監督:デビッド・フィンチャーCAST:ジェイク・ギレンホール、マーク・ラファロ、ロバート・ダウニーJr 他STORY:1969年、ドライブ中のカップルが襲撃され女性は死亡、男性も重症を負う事件が起こった。
    Sweet* Days** [2007/06/29 16:58]

    ゾディアック

    【ZODIAC:2007/06/16】06/16鑑賞製作国:アメリカPG-12監督:デヴィッド・フィンチャー原作:ロバート・グレイスミス出演:ジェイク・ギレンホール、マーク・ラファロ、ロバート・ダウニー・Jr、アンソニー・エドワーズ、ブライアン・コックス1969年、ドライブ中のカップ
    映画鑑賞★日記・・・ [2007/06/29 17:18]

    映画「ゾディアック」

    2007年44本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「セブン」「ファイト・クラブ」のデヴィッド・フィンチャー監督作品。全米を震撼させた実在の未解決事件に挑むクライム・サスペンス。“ゾディアック”と名乗る謎の犯人が引き起こした連続殺人事件をそれぞ..
    しょうちゃんの映画ブログ [2007/06/29 21:25]

    「ゾディアック」:富岡一丁目バス停付近の会話

    {/kaeru_en4/}これが富岡八幡宮名物、日本一の黄金みこしだ。{/hiyo_en2/}黄金みこし?{/kaeru_en4/}鳳凰の胸にはダイヤ7カラット、鳳凰の目にはダイヤ4カラットが1対、鳳凰の鶏冠にはルビー2,010個、狛犬の目にはダイヤ3カラットが2対、隅木の目にはダイヤ1カラットが4対、
    【映画がはねたら、都バスに乗って】 [2007/06/29 22:26]

    ゾディアック/ZODIAC

    『セブン』は観てるときよりもラストに驚かされた、まさに驚愕!!『ゲーム』は賛否両論だったけど、わたしは楽しめた派。そして『ファイトクラブ』の展開にも驚き。映画の面白さが詰まった作品だった。『パニックルーム』は、う~ん{/ase/}だったけど、、、、あ、デビュー
    我想一個人映画美的女人blog [2007/06/29 23:23]

    ゾディアック

    Kの文字が怪しいだって?それについてはコッシーに聞け。K・O・S・S・Yだ!
    ネタバレ映画館 [2007/06/29 23:53]

    ゾディアック・・・・・評価額1600円

    今から38前、全米を恐怖に陥れたシリアルキラーがいた。自らを「ゾディアック(十二宮)」と名乗り、マスコミに暗号のような声明文を送りつけ、まるでゲームを楽しむように犯罪を犯し、警察とマスコミを翻弄する。デビ
    ノラネコの呑んで観るシネマ [2007/06/30 00:36]

    「ゾディアック」 執着する恐怖

    60年代末にアメリカで起きた未解決の無差別殺人事件を題材にした映画です。 この事
    はらやんの映画徒然草 [2007/06/30 08:08]

    『ゾディアック』

    (原題:ZODIAC)----これってデビッド・フィンチャー監督作品だよね。連続殺人事件を描いたと言うと出世作の『セブン』を思い出すけど…。「うん。でもこの映画があれと大きく異なるのは、ここで描かれているのが実際に起こった事件であり、いまだ未解決と言うこと。それと
    ラムの大通り [2007/06/30 09:38]

    ゾディアック

    連続殺人鬼には興味があるが、『ゾディアック』の存在は知らなかった。一体どういう事件だったのか―【story】1969年、自らを『ゾディアック』と名乗る男による殺人が頻発した。ゾディアックは、事件の詳細を書いた手紙を新聞社に送りつける。手紙を受け取ったサンフランシ
    ★YUKAの気ままな有閑日記★ [2007/06/30 10:35]

    ゾディアック 10点(100点満点中)

    クラウンの首領公式サイト1969年の独立記念日にカリフォルニアで起こった殺人事件を皮切りに、暗号を使った犯行声明と連続殺人で世間を騒がせた、ゾディアックと名乗る犯人の謎を追う、カートゥン作家、ロバート・グレイスミスによって書かれたノンフィクション本『Zod...
    (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) [2007/06/30 14:05]

    『ZODIAC ゾディアック』

    楽しみにしてました!実際に起きた連続殺人事件が描かれています。ZODIAC ゾディアック犯人自ら“ゾディアック”と名乗る、劇場型殺人事件が発生。新聞社には犯行声明文と謎の暗号文が送られてきた。次々と起こる殺人事件。新聞のイラスト担当をしているグレイスミス
    となりのケイコさん [2007/06/30 14:16]

    [Review] ゾディアック

    まず、『ゾディアック』という名前の響きが大好きだということ。この映画に興味を持った第一歩です。凶悪犯罪者、もしくはそれに感化された者が、畏敬を以ってつけたような名前。ただ、既にスイス製のウォッチの名前として存在していたり、黄道十二宮を意味しているというの
    Diary of Cyber [2007/06/30 14:23]

    【2007-84】ゾディアック(ZODIAC)

    人気ブログランキングの順位は?全米で初めて、犯人がマスコミを通して世界を挑発した連続殺人事件奇妙な暗号で犯行声明を出した彼は、”ゾディアック”と名乗ったこの暗号を解いてはいけない
    ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! [2007/07/01 00:27]

    【2007-84】ゾディアック(ZODIAC)

    人気ブログランキングの順位は?全米で初めて、犯人がマスコミを通して世界を挑発した連続殺人事件奇妙な暗号で犯行声明を出した彼は、”ゾディアック”と名乗ったこの暗号を解いてはいけない
    ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! [2007/07/01 00:28]

    ゾディアック

    実在の事件を元にした作品ということで、オチがどうなるのかそこが一番心配でした。とはいえその事件のこともおおまかにしか知っていないのですが・・・。
    B級パラダイス [2007/07/01 11:26]

    映画『ゾディアック』観てきた☆

    デヴィッド・フィンチャー監督、ジェイク・ギレンホール、ロバート・ダウニーJr.、マーク・ラファロ出演の映画『ゾディアック』を早速観てきました。アメリカで実際に起こった連続殺人事件を基に作られた映画で、声明文をマ
    ERi’s room [2007/07/01 14:39]

    映画 【ゾディアック】

    映画館にて「ゾディアック」60年代後半から70年代初めにかけてアメリカ・サンフランシスコ周辺で起きた未解決の連続殺人事件を題材にした作品。1969年、自らを“ゾディアック”と名乗る男による殺人が頻発し、ゾディアックは事件の詳細を書いた手紙を新聞社に送りつけてくる
    ミチの雑記帳 [2007/07/01 15:46]

    ★「ゾディアック」

    今週の平日劇場鑑賞は、ついつい見損なってた今作。某週刊誌で評論家四人が満点付けてた通好みの作品のよう。ひらりんが通うシネコンでも予告編をよく見かけてて、これはもしかしたら・・・という予感を感じさせる作品。
    ひらりん的映画ブログ [2007/07/14 03:08]

    page top

    フリーエリア

    カレンダーと月別ナビ

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のトラックバック

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    ブログ内検索

    FC2カウンター

    QRコード

    RSSフィード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。