04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Cinema Chips

映画と海外TVドラマの感想と新作情報、ブログパーツなどを紹介しています。 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

海外ドラマ 「Person of Interest」 第 17 話 「レイラ」 のあらすじです。 

◇第 17 話「レイラ」(原題:Baby Blue) ↓ストーリーはAXN公式サイトより転載させて頂きました。
今回マシンが弾き出したのは、レイラ・スミス。フィンチが素性を調べるため病院を訪れると、レイラはなんと生後6ヵ月の赤ん坊だった!?一方リースとカーターは、出所したばかりのモレッティを待ち伏せ、イライアスに命を狙われている彼を隠れ家に保護する。



今回のターゲットは、まずは、ジャンニ・モレッティ。彼は、マフィアのドンであり、新興マフィアのボス、カール・イライアスの父親。イライアスは、子供の頃に母親を殺ろされ、その関係者に復讐をしていた。母親はモレッティの愛人だったがモレッティの指示で殺されたので、母親の仇打ちと同時に、自分の人生を狂わせた張本人である父親の命も狙っていた。しかし、モレッティは服役中の為に手出しが出来ないので、警察内部にも影響力を持つほど力を持っているイライアスは彼が出所出来るように手配した。そして出所の日に、カーター刑事はモレッティを保護するために迎えに行くが、リースもマシンからの情報を得てカーターに合流。しかし、モレッティは保護を拒否して迎えの車で走り去る。カーターとリースは尾行を開始。すると、途中でモレッティの車が襲われ、銃撃戦になる。手下を殺されたモレッティは仕方なくカーター刑事からの、「組織の情報と引き換えに保護をする。」と言う提案を受け入れ隠れ家に移動する。

もう一人のターゲットは、レイラ・スミス。フィンチがレイラの調査の為に病院へ行くと、レイラは赤ちゃんポストで保護されたと言う6か月の赤ちゃんだった。そこへ、病院職員を装った怪しい男二人がレイラを誘拐しようとしている事に気付いたフィンチは、咄嗟にレイラを病院から連れ出し、一先ずオフィスへ戻った。ここで凄いのが、この赤ちゃんです。まず病院で、フィンチが看護師さんにレイラのいる部屋に案内されて、二人が初対面した時のレイラの可愛さったらありません!無邪気に遊んで全く人見知りしないで、接する人が変わろうが、居場所が変わろうが、周囲の変化に動じないでマイペースで遊んでました。ところが、物語の終盤になって、リースと共に生死が危うくなってしまう場面では、上手い具合に泣き出した。(あの泣き顔は、寝起きみたいな感じで、上手く使ったなと思いましたけどね。!(^^)!)もちろん、その時々のレイラの動作が、そのシチュエーション通りに流れるようにピッタリハマった訳じゃないだろうし、その瞬間を捉えるのには何テイクやり直したんだろうとか考えましたが、あの、赤ちゃんが相手を見る時の自然な表情がスゴ過ぎ!(笑)

それにしても、リースとフィンチが、あの殺伐としたオフィスで無垢な赤ちゃんの世話を焼いているストーリー展開を見るなんて、とても想像もできなかった。そして、レイラ絡みの面白かったシーンがいろいろ有って、赤ちゃんがフィンチのオフィスで本を周りに積み上げたサークルの中で無邪気にフィンチのネクタイをおしゃぶり代わりにしているのを見たリースが、「ネクタイ食ってるぞ!お下がりじゃなく、食べ物をやれ!」ってフィンチに言ってたのとか、フィンチがちょっと目を離した隙に、レイラの姿が見えなくなってしまい、二人でオフィスの中を捜しまわってやっと見つけた時に、リースの数ある重火器の中の催涙弾を持って遊んでいた。そこで、フィンチがリースに「武器を片付けるように言っただろ!」とか「レイラの世話を人に押し付けるばかりで面倒を見ない。」と小言を!それに対してリースが「やろうと思っていたんだ。」とか、「自分がレイラを連れて来たんじゃないか!」など、これまで溜めていた"子育て"の不満をお互い吐き出していた。まるで、ゲイカップルの痴話喧嘩を見ている感じ!?(ゴメン、ジョン!苦笑)他にもレイラネタあって面白かった。 

あのレイラの世話で二人がケンカの場面は、次のステップへの流れを作る為のシーンでしたね(^_^;)。それで、フィンチがレイラを祖父母の元に預けようと言う事になった。祖父母もまた狙われているので、フィンチが隠れ家を提供していたので安全だと思っていたが、犯人が、祖父母の車にGPSを取り付けて居場所を知られてしまっていた。そうとは知らずにレイラを連れて行った二人は、先回りしていた犯人に襲われてレイラを連れ去られてしまう。リースは、犯人が落として行ったペンダントから東欧の犯罪組織が関与していると睨み、組織を揺さぶる。しかし、一旦、事が始まると途中からは見知らぬ違う組織へ引き継がれ、その後は全く追跡不能になると言われ、レイラの奪還は絶望的に思われた。そこで、リースが禁じ手を選ぶ決心をする。
当然、フィンチは反対するが、リースは、レイラを救える唯一の手段だと、1本の電話を掛ける・・・。

この回も面白かったです。最初は全く接点の無かったマフィアのドンと、赤ちゃん誘拐と言う違った話を、最後は上手く繋げていました。面白かった時の結末は、ネタバレ厳禁で!最後まで書けません。あぁ、リース!
この件でカーター刑事を本気で怒らせちゃった!


10月10日からDVDがリリース。

【10月10日】
DVD Vol.1 1枚組(3話収録・各話約44分)
DVD レンタルVol.1-6 (Vol.1 のみ3話収録、ほか各巻2話収録)

【10月24日】
ブルーレイ コンプリート・ボックス 4枚組(全23話収録・各話約44分)
DVD コンプリート・ボックス 11枚組(全23話収録・各話約44分)
DVD レンタルVol.7-11 (各巻2話収録)



人気ブログランキングへ いつもご訪問ありがとうございます。
スポンサーサイト

category: 「Person of Interest」

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemachips.blog91.fc2.com/tb.php/248-a2a15b63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

フリーエリア

カレンダーと月別ナビ

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。