09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Cinema Chips

映画と海外TVドラマの感想と新作情報、ブログパーツなどを紹介しています。 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

海外ドラマ 「Person of Interest」 第2話 「ゴースト」の感想 


◇第2話「ゴースト」(原題:Ghosts) ↓ストーリーはAXNより転載。

これから事件に巻き込まれる人物の社会保障番号をはじきだす“マシン”。今回はテレサ・ウィンテカーという15歳の少女の情報が告げられるが、テレサは2年前に死んでいるはずだという。無理心中を図った父親の手で、家族と共に殺害されたというのだが…。



この第2話目から、メインの事件とは別にマシンの開発者フィンチの知られざる過去が少しずつ見えてきます。ハロルド・フィンチは、政府の依頼で、かねてから制作していたテロ監視システム”マシン”を、2002年にビジネスパートナーのネイサン・イングラムと共に完成させる。そこから、マシンに情報分析能力をインプットするのに5年かかり、2007年、フィンチはマシンが集めた情報をテロに関係ある情報と、関係ない情報に分けることに成功する。そして、フィンチは政府が必要としないテロに無関係の一般の犯罪予知情報を、毎晩深夜0時に消去するように仕掛ける。

それを知った共同開発者のネイサンは、一般人の危険情報を知りながら毎晩何もしないで葬り去る作業に疑問を抱き、フィンチにそれが正しい事なのかと問いただす。しかし、フィンチにとってマシンは、国家の要請でテロ対策システムのために作ったもの。それを一般人の危険予測まで拾い上げて対処するのは、世間にその監視システムが知れ渡り、マシンのシステム自体を危険に晒す事になると言う危惧があった。システムの完成段階では、フィンチは、今とは逆に個人の危険情報には触れたくない立場だったみたいですね。

この回の映像の中で、共同開発者のネイサンが2010年に死亡した事が分かる映像がほんの少し有ります。その2010年のネイサンの死の謎と、フィンチの関わりがこれから少しずつ明かされていくんでしょうね。
多分、フィンチの身にも生死を分ける事件が起こり、盟友ネイサンの死によって、理不尽に命を絶たれる人の無念さを痛感し、その阻止に命を懸ける決意をしたのでしょう。




早くも10月10日からDVDがリリースされます。

【10月10日】
DVD Vol.1 1枚組(3話収録・各話約44分)
DVD レンタルVol.1-6 (Vol.1 のみ3話収録、ほか各巻2話収録)

【10月24日】
ブルーレイ コンプリート・ボックス 4枚組(全23話収録・各話約44分)
DVD コンプリート・ボックス 11枚組(全23話収録・各話約44分)
DVD レンタルVol.7-11 (各巻2話収録)




人気ブログランキングへ いつもご訪問ありがとうございます。
スポンサーサイト

category: 「Person of Interest」

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemachips.blog91.fc2.com/tb.php/224-a4207030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

フリーエリア

カレンダーと月別ナビ

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。