01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

Cinema Chips

映画と海外TVドラマの感想と新作情報、ブログパーツなどを紹介しています。 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

映画「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島」 

この映画も、観てすぐに感想を書かずに溜めていて、時期外れになってしまっているので、一言感想にまとめて書いています。

(ストーリーはYahoo!映画より抜粋させてもらいました。 )

私の評価は5点満点中の3点です ≫  イライラ度は3です
ltmltmltm
 「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島」 (英題:THE CHRONICLES OF NARNIA:THE VOYAGE OF THE DAWN TREADER )

日本 公開日: 2011年 02月 25日(金) (上映時間 1 時間 53 分)
監 督 : マイケル・アプテッド
キャスト: ベン・バーンズ、ゲイリー・スウィート、スキャンダー・ケインズ、ウィル・ポールター、ジョージー・ヘンリー 、(声の出演)リーアム・ニーソン 他
米 公 開 日 :  2010年 12月 10日  
全米週末興行成績 : 初登場1位
米 各雑誌批評家 : 平均評価 「C+」(10 reviews)
米Yahoo!ユーザー: 平均評価 「B+」(1345 ratings)
 (米Yahoo!評価はA+が最高です。)
解説 byYahoo!映画 : C・S・ルイスの児童文学を映画化したファンタジー・アドベンチャー、『ナルニア国物語』シリーズの第3章。親せきの家に預けられたペべンシー兄妹が帆船の絵の中に吸い込まれ、再びナルニア国へと冒険に出る。『007/ワールド・イズ・ノット・イナフ』のマイケル・アプテッドが監督を務め、前作に登場したカスピアン王子役のベン・バーンズが続投。魔法使いやクリーチャーたちと遭遇しながら、運命に立ち向かう兄妹の成長劇が見もの。
ストーリー : 【ペべンシー兄妹は大嫌いな従兄のユースチスの家に預けられるが、壁に掛かった帆船ドーン・トレダー号の絵の中に吸い込まれ、再びナルニアの国へ。兄妹は、親友のカスピアン王子(ベン・バーンズ)とネズミ戦士のリープチープと再会を果たし、ナルニアの東の果てへと再び冒険の旅に出ることになるが、行く手にはさまざまな困難が待ち受けていた。】(Yahoo!映画より抜粋)


私のプチ感想 : この映画は3Dで観ました。でも殆んどのシーンが3Dにするほどの迫力シーンはありませんでした。私は3Dで観たくなかったんですけど、3Dの吹き替え版での上映しかなかったので、仕方なくの3D吹き替え版で観たので余計に違和感が有りました。ストーリーの核も有るようで無い様な・・・、メインの主役が誰で、大元の敵は誰なのか・・・、良く分からないうちに終わってしまいました。映像は前作よりスケールアップしていますが、内容は子ども向けファンタジーのままでした。
スポンサーサイト

category: 映画レビュー な 行

thread: 映画感想 - janre: 映画

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemachips.blog91.fc2.com/tb.php/179-10a48f1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

フリーエリア

カレンダーと月別ナビ

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。