06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Cinema Chips

映画と海外TVドラマの感想と新作情報、ブログパーツなどを紹介しています。 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

海外ドラマ 「Person of Interest」 第 19 話 「父と子」 のあらすじです。 

◇第 19 話「父と子」(原題:Flesh and Blood) ↓ストーリーはAXN公式サイトより転載させて頂きました。
今回マシンが弾き出したのは、5つの番号。NYで暗躍する5大マフィアのドン全員が名を連ねており、フィンチはイライアスが絡んでいると推測する。一方、リースからの連絡を拒否しているカーターも、別のルートでイライアスの不審な動きを察知していた。



今回、マシンが出した番号は5個!マフィアの5大ファミリーのドンたちがターゲットです。イライアスが5大ファミリーを潰してマフィア全体を統括して牛耳る狙いだと言う事は誰の目にも明らか!リースとしては、「クズ同士の共食いなのに阻止する必要があるのか!?」と言う気持ち。それに対して、マシン開発者としてのフィンチの思いは、マシンが選んだ番号は、善人も悪人も関係なく、犯罪行為そのものを未然に防ぐと言う理念が優先される。”悪人を助ける必要が有るのか!?”と言う、道徳心は関係ないと。それに、「抗争が広がれば無関係の市民が巻き添えになる可能性が有る。それを防ぐためにも、人格は関係なく犯罪行為を放っては置けない」と言うことですね。

それと、気掛かりな要素が一つ増えていました。それは、リースの大胆な活動が警察やFBIの目に留まらない筈がなく、やはり、あちこちでリースが犯罪を未然に防いだ行為が、警察やFBIの目から見れば、犯罪組織に加担する危険人物とみなされてしまっています。FBIでは、リースがイライアスの手下だと確信して特別捜査班を設置しました。また、警察組織内の汚職警察管組織の”HR ”も、イライアスから命を受けて、そのFBIの動きと絡めて、リースと接触をしたいらしい。それで、FBIとリースを探るようにファスコに言ってきた。ファスコが、HRの連絡員のシモンズに「HRはイライアスの手下なのか?」と聞くと、シモンズは「HRは誰の手下でもない。HRは利益優先で動く。今はイライアスだ。」と。この辺のファスコとシモンズの問答が、後半の事件解決への伏線なんですよね。警察は腐ってるけど、犯罪者の為に動いているのじゃなく、自らの利益の為に動く。この利己主義の塊のHRのお陰でカーター刑事の孤軍奮闘も報われた・・・。

今回は、カール・イライアスの過去が1981年と、1991年の2回フラッシュバックしていました。今まで、どうしてイライアスが、執拗に父親の命を狙っているのか・・・、まぁ、母親の仇ですけど!最初から二人の接点が描かれていなかったので、それにしてもと、思っていたら、今回、分かりましたよ!あれほどの憎悪の原因が!そう言う事だったんですか!カール・イライアス、愛を求めても得られなかった孤独な少年時代と、その後の苦難の日々を乗り越えたかのような青年時代。でも、そこでもまた父親であるモレッティに裏切られ、失意のどん底へ落ちてしまいます。モレッティもまた、成長したイライアスが真実を知り、自分を殺しにやって来るに違いないと、心の片隅で怯えていた感じ。だから、先手を打って出たってとこですね。裏目に出ましたけどね!(~_~メ)

そのイライアスが執念を燃やすのは、父親殺害だけじゃなく、旧態依然としたマフィアのファミリーを潰す事。その目的達成の為に手段を選ばない行動に出ました。マフィアのドンたちをかくまっているカーター刑事の息子テイラーを誘拐し、マフィアのドンたちと交換だと脅しを掛けて来た。そして、そのマフィアのドンたちの中にもすでにイライアスと手を組んでいた者がいて、隠れ家がイライアスの手下のHRのメンバーで包囲されてしまった。あとは・・・、ネタバレ厳禁で、この辺でやめときます。

しかし・・・このドラマ、バックで流れる音楽が良いです!物憂い、深く沈んだ心の闇を感じさせる響きが有ります。渋いです。ハードボイルドです。今回も面白かったです。(^.^)



10月10日からDVDがリリースされます。

【10月10日】
DVD Vol.1 1枚組(3話収録・各話約44分)
DVD レンタルVol.1-6 (Vol.1 のみ3話収録、ほか各巻2話収録)

【10月24日】
ブルーレイ コンプリート・ボックス 4枚組(全23話収録・各話約44分)
DVD コンプリート・ボックス 11枚組(全23話収録・各話約44分)
DVD レンタルVol.7-11 (各巻2話収録)



人気ブログランキングへ いつもご訪問ありがとうございます。

category: 「Person of Interest」

cm 0   tb 0   page top

海外ドラマ 「Person of Interest」 第 18 話 「アイデンティティ」 のあらすじです。 

◇第 18 話「アイデンティティ」(原題:Identity Crisis) ↓ストーリーはAXN公式サイトより転載させて頂きました。
今回マシンが弾き出した人物は、ジョーダン・へスター。住所や口座番号などすべてが2つずつ存在し、二重生活を送っていると思われた。しかし、男性と女性の2人のへスターが存在することが判明。どちらかが、もう1人の人生を奪って生活しているのだ…!




先週、すごく面白かったので、その余韻に浸りながら、この回見たのですが・・・、今回も面白かったです。{/face_yoka/}
ただ、前回のラストの続きをするのかと思ったら、あのラストシーンの後の結末に全く触れていませんでしたわ。ちょっと肩透かしを食らった感が有りました。でも、番組の最後の来週の予告編を見たら、来週のストーリーに入っていました。イライアスとモレッティ親子と、イライアスとリースの、二組の決着が付けられるのかな?来週も面白そう!(^^)!

まずは、今回のストーリーです。マシンが選んだ番号は、ジョーダン・ヘスター。SNSの利用も無く、何もネットにヒットしないし、写真もない。男女の区別も分からない。ただ、銀行口座、電話番号、住居と、何でも2つ持っている。フィンチの予想では2重生活をしている可能性が高い。そこで、リースが、この謎の人物ジョーダン・ヘスターについて、前科を調べて貰おうとカーター刑事に電話をするが、モレッティの件でカーター刑事を怒らせてしまったために、彼女はリースと距離を置くようになってしまい電話に出てくれなくなった。

法の順守が大原則の刑事としては、リースが幾ら正義の名の元に悪に立ち向かっているとは言え、非合法で動く人間を刑事がバックアップすると言うのは、やはり限度がある。どんな理由が有ろうとも私刑を許せば社会の秩序が崩壊する。リースとフィンチがやっている事は、心情的には理解できるし、頼みもしないのに自分の命を救ってくれた経緯もある。{/face_ase2/} でも、これ以上、法を無視して加担することは出来ない。カーター刑事のジレンマですね。しかし、今後また、リースが危機的状況になった時には、きっと助けてくれるはず!

そんなカーター刑事に、FBIのドネリー捜査官が接触してきました。第13話のデランシー議員暗殺事件の時の捜査官だった人。リースに関する事で、CIAのスノー捜査官と同じような質問をカーター刑事に突き付けて協力を要請して来た。CIAとFBIのスタンスが違うのが・・・、CIAは自分達の裏の秘密工作を隠匿するためにリースを抹殺するのが狙いだったが、FBIは、そのCIAが裏でやっている秘密工作を暴く目的でリースを逮捕したがっているような感じ。でも、FBIはリースの事を誤解していて・・・、兵士の中には、戦場での苛酷な体験によって人格が破壊され、平穏な日常生活には戻れない者が居ると言う論理から、元特殊部隊員でCIAエージェント時代に裏工作に関わっていたリースもまた人格破壊者で、正常な社会では生きられず裏の世界で汚れ仕事をやっていると・・・。カーター刑事にまた悩みの種が増えましたね。

本筋のジョーダン・ヘスターの件は、リースとフィンチが手分けをして二つの住居を探ると、別々の人物がジョーダン・ヘスターと名乗って生活をしていた。一つの社会保障番号に二人の人間が存在していたと言う事は、どちらか一方が、ジョーダン・ヘスターの人生を乗っ取ったなりすまし。その理由は、カード詐欺や麻薬の密造工場を作り密売で儲けるため。事件が発覚しても、何も知らない本人に捜査が及ぶだけで、なりすました偽物の特定には至らない。しかし、ファスコがカード詐欺専門の刑事から有力な情報を聞き出す。その手口を探って行くと犯人が明らかに・・・。今回もまたフィンチが現場で大活躍の巻きでした!ほんとに、このドラマ、こんなにフィンチが活躍するとは思わなかった。それに、ファスコ!リースにあんな酷い扱いをされながらも、もう1回、今度は慎重に殺そうと思わないで(苦笑)、懸命に協力するあんたは良い人だよぉ!


10月10日からDVDがリリース。

【10月10日】
DVD Vol.1 1枚組(3話収録・各話約44分)
DVD レンタルVol.1-6 (Vol.1 のみ3話収録、ほか各巻2話収録)

【10月24日】
ブルーレイ コンプリート・ボックス 4枚組(全23話収録・各話約44分)
DVD コンプリート・ボックス 11枚組(全23話収録・各話約44分)
DVD レンタルVol.7-11 (各巻2話収録)



人気ブログランキングへ いつもご訪問ありがとうございます。

category: 「Person of Interest」

cm 0   tb 0   page top

海外ドラマ 「Person of Interest」 第 17 話 「レイラ」 のあらすじです。 

◇第 17 話「レイラ」(原題:Baby Blue) ↓ストーリーはAXN公式サイトより転載させて頂きました。
今回マシンが弾き出したのは、レイラ・スミス。フィンチが素性を調べるため病院を訪れると、レイラはなんと生後6ヵ月の赤ん坊だった!?一方リースとカーターは、出所したばかりのモレッティを待ち伏せ、イライアスに命を狙われている彼を隠れ家に保護する。



今回のターゲットは、まずは、ジャンニ・モレッティ。彼は、マフィアのドンであり、新興マフィアのボス、カール・イライアスの父親。イライアスは、子供の頃に母親を殺ろされ、その関係者に復讐をしていた。母親はモレッティの愛人だったがモレッティの指示で殺されたので、母親の仇打ちと同時に、自分の人生を狂わせた張本人である父親の命も狙っていた。しかし、モレッティは服役中の為に手出しが出来ないので、警察内部にも影響力を持つほど力を持っているイライアスは彼が出所出来るように手配した。そして出所の日に、カーター刑事はモレッティを保護するために迎えに行くが、リースもマシンからの情報を得てカーターに合流。しかし、モレッティは保護を拒否して迎えの車で走り去る。カーターとリースは尾行を開始。すると、途中でモレッティの車が襲われ、銃撃戦になる。手下を殺されたモレッティは仕方なくカーター刑事からの、「組織の情報と引き換えに保護をする。」と言う提案を受け入れ隠れ家に移動する。

もう一人のターゲットは、レイラ・スミス。フィンチがレイラの調査の為に病院へ行くと、レイラは赤ちゃんポストで保護されたと言う6か月の赤ちゃんだった。そこへ、病院職員を装った怪しい男二人がレイラを誘拐しようとしている事に気付いたフィンチは、咄嗟にレイラを病院から連れ出し、一先ずオフィスへ戻った。ここで凄いのが、この赤ちゃんです。まず病院で、フィンチが看護師さんにレイラのいる部屋に案内されて、二人が初対面した時のレイラの可愛さったらありません!無邪気に遊んで全く人見知りしないで、接する人が変わろうが、居場所が変わろうが、周囲の変化に動じないでマイペースで遊んでました。ところが、物語の終盤になって、リースと共に生死が危うくなってしまう場面では、上手い具合に泣き出した。(あの泣き顔は、寝起きみたいな感じで、上手く使ったなと思いましたけどね。!(^^)!)もちろん、その時々のレイラの動作が、そのシチュエーション通りに流れるようにピッタリハマった訳じゃないだろうし、その瞬間を捉えるのには何テイクやり直したんだろうとか考えましたが、あの、赤ちゃんが相手を見る時の自然な表情がスゴ過ぎ!(笑)

それにしても、リースとフィンチが、あの殺伐としたオフィスで無垢な赤ちゃんの世話を焼いているストーリー展開を見るなんて、とても想像もできなかった。そして、レイラ絡みの面白かったシーンがいろいろ有って、赤ちゃんがフィンチのオフィスで本を周りに積み上げたサークルの中で無邪気にフィンチのネクタイをおしゃぶり代わりにしているのを見たリースが、「ネクタイ食ってるぞ!お下がりじゃなく、食べ物をやれ!」ってフィンチに言ってたのとか、フィンチがちょっと目を離した隙に、レイラの姿が見えなくなってしまい、二人でオフィスの中を捜しまわってやっと見つけた時に、リースの数ある重火器の中の催涙弾を持って遊んでいた。そこで、フィンチがリースに「武器を片付けるように言っただろ!」とか「レイラの世話を人に押し付けるばかりで面倒を見ない。」と小言を!それに対してリースが「やろうと思っていたんだ。」とか、「自分がレイラを連れて来たんじゃないか!」など、これまで溜めていた"子育て"の不満をお互い吐き出していた。まるで、ゲイカップルの痴話喧嘩を見ている感じ!?(ゴメン、ジョン!苦笑)他にもレイラネタあって面白かった。 

あのレイラの世話で二人がケンカの場面は、次のステップへの流れを作る為のシーンでしたね(^_^;)。それで、フィンチがレイラを祖父母の元に預けようと言う事になった。祖父母もまた狙われているので、フィンチが隠れ家を提供していたので安全だと思っていたが、犯人が、祖父母の車にGPSを取り付けて居場所を知られてしまっていた。そうとは知らずにレイラを連れて行った二人は、先回りしていた犯人に襲われてレイラを連れ去られてしまう。リースは、犯人が落として行ったペンダントから東欧の犯罪組織が関与していると睨み、組織を揺さぶる。しかし、一旦、事が始まると途中からは見知らぬ違う組織へ引き継がれ、その後は全く追跡不能になると言われ、レイラの奪還は絶望的に思われた。そこで、リースが禁じ手を選ぶ決心をする。
当然、フィンチは反対するが、リースは、レイラを救える唯一の手段だと、1本の電話を掛ける・・・。

この回も面白かったです。最初は全く接点の無かったマフィアのドンと、赤ちゃん誘拐と言う違った話を、最後は上手く繋げていました。面白かった時の結末は、ネタバレ厳禁で!最後まで書けません。あぁ、リース!
この件でカーター刑事を本気で怒らせちゃった!


10月10日からDVDがリリース。

【10月10日】
DVD Vol.1 1枚組(3話収録・各話約44分)
DVD レンタルVol.1-6 (Vol.1 のみ3話収録、ほか各巻2話収録)

【10月24日】
ブルーレイ コンプリート・ボックス 4枚組(全23話収録・各話約44分)
DVD コンプリート・ボックス 11枚組(全23話収録・各話約44分)
DVD レンタルVol.7-11 (各巻2話収録)



人気ブログランキングへ いつもご訪問ありがとうございます。

category: 「Person of Interest」

cm 0   tb 0   page top

海外ドラマ 「Person of Interest」 第 16 話 「リスク」 のあらすじです。 

◇第 16 話「リスク」(原題:Risk) ↓ストーリーはAXN公式サイトより転載させて頂きました。
今回の対象者は、ウォール街で成功しているやり手のトレーダー、アダム・サウンダース。投資家の代理人に扮してアダムに近づいたリースは、彼が無謀とも思える賭けで大きな儲けを生み出していること、証券取引委員会の調査員につきまとわれていることを知る。



今回は、ゆる~い雰囲気で始まりました。いつものフィンチのオフィスで、フィンチが首からメジャーをぶら下げて、リースのスーツの"お直し"をやっています。今まで着ていたリースの高級スーツって、フィンチが作ってた!?(まさかね!?(^^ゞ)この冒頭シーンでフィンチがかいがいしくリースの裾や袖丈を直しています。リース「いつものスーツは?」、フィンチ「君の殺し屋風スーツは、今回の仕事に会わない!」と。今回のターゲットは、ウォール街で働くやり手のトレーダーのアダム・サウンダース。投資会社のベイラー・ジムに勤務し、自己勘定取引を専門に行っている。彼は証券取引委員会SECからインサイダー取引で調べられている。

この説明の合間にもフィンチはリースのスーツをいじってる!リースが「もういい。」と言っても、フィンチ「ダメだ。裾は靴の曲線に合わせて沿わせ、たるませない!」とウンチクを披露。{/light/} リースはウンザリって感じでしたが、ウォール街で張り合うためには、まずは、寸分のすきもない高級スーツが必須アイテムって事です。リースが「金融の知識は皆無だ。」と言うと、フィンチは「ウォール街の歩き方」と言う本を渡し、「金融業に必要なのは、ハッタリと上等なスーツだ。・・・スーツは問題ない。」と言った。この時のリース、言い返さなかったけど、”そう言う事言うかなぁ!”って顔してました。ほんとに、このドラマでは、寡黙で真面目さを売りにしているリースとフィンチが、お笑い担当も担っているのですが、二人がまじめな顔してやり取りしているから余計に面白いんですわ。

そして、いよいよターゲットのアダムの証券会社へリースが行き、投資用資産管理の代理人ジョン・ルーニーと言う偽名でアダムに接触。リースが、今回はほんの小銭だが1億5000万ドルで好きなように資産運用をしろとアダムに預ける。ここで、リースが、いつものようにアダムの携帯とペアリングしようとして失敗。フィンチによれば、すでに誰かにペアリングされているらしい。その後、フィンチが自分達の資産の運用を辿っていると、運用先のトライタク・エネルギー社株の動きがどうにも怪しい・・・。その会社はガスのパイプライン敷設を行っている会社で、顕著な需要から安定した株価を維持するのが普通なのに、誰かが値動きを操作しているとしか思えないほどの株価の急上昇を見せていた。

その動きを察知してインサイダー取引の疑いを持ったアダムが、その首謀者らに命を狙われていたと言う事が分かった。2度も事故に見せかけられて殺されそうになった所をリースに助けられたアダムは、不正を暴くために協力して貰おうと上司であり、付き合っていたシドニーの自宅へリースと向かう。ところが、アダムから相談を受けていたシドニーも一人で不正を探り出したために、犯人に気付かれて殺されていた。その上、アダムに疑いが掛るように偽装されていた。そこへ警察が到着したので、一先ず、リースとアダムは安全な隠れ家へ逃げる。そこは、リースが4カ月間暮らしていたと言うホームレスのシェルターだった。そこへアダムを残してリースは首謀者を探るためアダムが言っていたシニア・ブローカーのビクターを探す。

新聞でトライタク・エネルギー社の株価が暴落したと言うニュースを読んだアダムは、トライタク株の最近の株の動きは全て空売りが狙いだとリースに電話。トライタク社の株の暴落を引き起こす要因となった法案が通過するように、力の有る黒幕が議員へ圧力をかけ、それを知っていた人間がわざと株価を吊り上げて、空売りで大もうけを狙った。アダムは、その犯人を見付けるには、トライタク株を数日前に売り出した人間を探せとリースに告げる。そこで、フィンチがベイラー・ジムに侵入してパソコンから上級リスク・マネージャーのポール・アシュトンを探り出す。と言っても・・・、幾ら天才フィンチと言えど、証券会社にいとも簡単に侵入するし、パソコンはすぐに開けて操作できちゃうのって、そんな出来過ぎな!(苦笑)

そして、こんな大規模な不正が見過ごされるのには、証券取引委員会の人間が関与している筈と見こしたリースとフィンチは、罠を仕掛ける。空売りには、空売りで対抗!?先に空売りしたもん勝ち!?よく分かりませんが(笑)・・・、このあと、ちょっとした驚きの展開と言うか、有り得る展開と言うか、例のアノ人が出て来たんですよ!殺し屋を雇ったり、途方も無い大金を動かしたり、議員を意のままに動かせたり出来きたのは、マフィアのボス、イライアスでした。彼がこのインサイダー取引を仕掛けた黒幕だったんです。カーターが怪しい携帯を見付けて来てリースにイライアスの影が有る事を話し携帯を手渡すと、リースが掛けてみた。すると、イライアスの声が・・・「ハロー、ジョン!久しぶりだね!」って友達かい! 最終決着は近い?

やっと、来週、「Baby Blue」の放送ですよ!バヴゥ!これ、YouTubeで前から動画を見ていたから早く見たかったんです。予告編を見ても、面白そう!この回、順番入れ替えるか、飛ばしても見たかった位。


10月10日からDVDがリリースされました。

【10月10日】
DVD Vol.1 1枚組(3話収録・各話約44分)
DVD レンタルVol.1-6 (Vol.1 のみ3話収録、ほか各巻2話収録)

【10月24日】
ブルーレイ コンプリート・ボックス 4枚組(全23話収録・各話約44分)
DVD コンプリート・ボックス 11枚組(全23話収録・各話約44分)
DVD レンタルVol.7-11 (各巻2話収録)



人気ブログランキングへ いつもご訪問ありがとうございます。

category: 「Person of Interest」

cm 0   tb 0   page top

フリーエリア

カレンダーと月別ナビ

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。