11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Cinema Chips

映画と海外TVドラマの感想と新作情報、ブログパーツなどを紹介しています。 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

スピルバーグ監督の新作TVドラマ「Terra Nova ~未来創世記」 


スティーブン・スピルバーグ監督が制作総指揮に名を連ねるSFTVドラマ「Terra Nova ~未来創世記」が、FOXで12月13日(火)から日本初放送されます。初回は2時間のスペシャル放送です。アメリカで9月26日から放送が始まったばかりの新作ドラマです。シーズン1は全12話の放送のようです。SFドラマと言えば荒唐無稽は当たり前の話ですが、この「Terra Nova ~未来創世記」は超ド級の荒唐無稽度です!

ストーリーの内容は下の記事にFOXの公式サイトから拝借したあらすじを載せていますが、内容を要約すると、このドラマの主な舞台は8500万年前の恐竜時代の地球です。主人公たちが生きている時代は西暦2149年で、その時代には地球が人口過多とあらゆる乱開発によって滅亡の危機に晒されているらしい!そして、政府や科学者たちが出した解決策は、「選ばれた者のみが過去へタイムスリップして、人類の文明を再建するため新しい大地“テラノバ”へ集団入植して人類の新たな歴史を切り拓く」と言うもの。

単純に考えたら、そんな恐竜がいる危ない白亜紀まで遡らなくても!って思いますけどね!?人間が白亜紀の恐竜時代で生き残れる?(^_^;)西暦2149年のハイテク武器をわんさか太古の古代に持ちこんで恐竜をやっつける?そして乱開発して人類が移住!?そして、土地が足らなくなってまた乱開発、・・・で、地球滅亡の危機!?(苦笑)良く分からないので来週13日から始まる第1話見てみます。(^.^) 


↓ストーリー詳細はFOX公式サイトより抜粋させて頂きました。

◇第1話 「 GENESIS PART1 & PART2 」あらすじ
西暦2149年、地球はあらゆる開発により蝕まれ、人類は滅亡の危機に瀕していた。
人類再建のために施された政策は、8500万年前という太古の過去への移住。選ばれた者たちは、新しい大地“テラノバ”への集団入植を許される。ある問題を抱えながらも、不安と希望を胸に10番目のテラノバ入植者となったシャノン一家。そこで彼らを待ち受ける運命とは?白亜紀の楽園で人類は新たな歴史を切り開くことができるのか…?

◇見どころ

① 数々の名作を生み出してきた豪華製作陣が大集結!
製作開始時より大きな話題を呼んでいた本作の製作総指揮には、『ジュラシック・パーク』のスティーブン・スピルバーグを筆頭に、「24」のジョン・カサー、『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』のピーター・チャーニン、「24」ファイナル・シーズンや映画『ミッション:インポッシブル2』のブラノン・ブラーガ、「キャッスル」、「ミディアム 霊能捜査官アリソン・デュボア」のレネ・エシェヴァリアなど錚々たる面々が名を連ね、壮大なアドベンチャーの世界を創り上げる!

② 莫大な製作費を投じた迫力映像!恐竜時代×未来人のサバイバル!
巨大な恐竜や未来の最新テクノロジーを見事に表現したリアルなCG映像と、大自然の中で繰り広げられるサバイバル模様。ハリウッド大作映画さながらのスケール感で描かれた本作は、第1話で約15億円、1話あたり約3億円と言われるように、製作費もハリウッド級!!迫力のサバイバルドラマの撮影地はオーストラリア。スピルバーグ自身が『ジュラシック・パーク』を撮影したハワイとはあえて異なる場所を選び、恐竜作品の新たな世界に挑んでいる!

③ 家族みんなで楽しめる、心温まるファミリー・ストーリー
物語の中心となるのは、荒れ果てた未来の地球から脱出するために、太古の世界での新たな暮らしを選んだシャノン一家。思春期の子供たちは時に親とぶつかり合いながらも、幼い妹を守り、それぞれの役割を担っていく。シャノン一家が様々な困難に一丸となって立ち向かい、家族の絆を深めていく心温まるストーリーは、あらゆる世代に共感を与える。
また、スティーブン・ラング(『アバター』、『パブリック・エネミーズ』)演じる開拓者ナサニエル・テイラー将軍の力強い勇士や、主人公ジムを演じるジェイソン・オマラ(『バイオハザード III』)の正義感溢れる元警察官の父親姿を通して、新たな歴史を築くために懸命に生きる人々の姿が、生き生きと表現されている。

◇キャスト( 俳優 )

■ジム・シャノン ( ジェイソン・オマラ )
シャノン家の父親。元警察官。2149年の世界では複雑な過去を持つが、太古の大地テラノバで家族を導く役となり、愛情深く皆を支える。テイラー将軍に経歴を買われ、テラノバでも保安官となる。

■エリザベス・シャノン ( シェリー・コン )
ジムの妻。家族思いの母親。外傷外科医であり、テラノバでは医療チームに加わる事になる。

■ジョシュ・シャノン ( ランドン・リブロン )
シャノン家の17歳の長男。恋人と別れなくてはならないため、今までの生活を捨てる事に腹を立てていたが、テラノバで美しく自由に生きるスカイにたちまち引かれる。

■マディ・シャノン( ナオミ・スコット )
シャノン家の15歳の長女。聡明で、科学や動植物など様々な事に興味を持つ。テラノバが、新たな自分を発見するチャンスをくれる場所となる事を期待している。(そして、恋の予感も…?)

■ゾーイ・シャノン ( アラナ・マンスール )
シャノン家の5歳の末娘。無邪気で屈託の無い笑顔で家族を癒し、大自然溢れるテラノバで感受性豊かに育っていく。

■ナサニエル・テイラー将軍 ( スティーブン・ラング )
テラノバの開拓者。白亜紀の大地で人類の第一歩を踏み、この地が最初で最後の希望の場所であると信じている。絶対的なリーダーとして君臨し、テラノバを統治する。

■スカイ ( アリソン・ミラー )
テラノバの入植者のひとり。幼い頃から大自然溢れるテラノバで暮らし、生きる術を身に付けている。両親を早くに亡くし、テイラー将軍の世話になる。


スポンサーサイト

category: FOX の海外ドラマ

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

cm 0   tb 0   page top

海外ドラマ「グッド・ワイフ」の感想です。 

海外ドラマ「グッド・ワイフ」シーズン1がCSで11月26日から初放送でしたので見てみました。NHKBSでは去年から放送されていたようですね。アメリカでは2009年9月から始まって、2011年9月からシーズン3継続中です。私は、このドラマの名前とあら筋だけは、ゴールデングローブ賞やエミー賞の受賞番組で見ていたので興味を持っていました。制作総指揮がリドリー・スコット監督とトニー・スコット監督と言うのも期待できますし、「グッド・ワイフ」と言う番組タイトルからはイメージし難いのですが、私の好きな法廷ドラマだと言うのも見たい度UPでした! 

ドラマの内容は、有能な弁護士として活躍していたアリシアと言う女性が、結婚を機に良妻賢母の妻として家庭に収まっていましたが、州検事の夫が収賄に絡む不祥事を起こして懲役刑の判決を受けて収監されてしまう。
そこで、アリシアは残された家族を養うために弁護士として復帰する事を決意する。復帰後の周囲の好奇の目や職場での軋轢、夫の不倫問題と収賄事件の解決や、子供の教育などの難問を、彼女がどう乗り越えて行くのかと言うのが、これからのドラマの流れだと思います。

1話目を見ていると、単なる事件解決のプロセスを見せる法廷ドラマとしてだけではなく、苦境に立たされ選択を迫られる一人の女性の人生ドラマも描かれていく気がします。ストーリーの流れはスピード感が有って、ドラマ性も有って、事件性も有って多面的で面白かったですが、基本的に1話完結のドラマの時間にしたら、ちょっと欲張りな内容なので目が離せない状況のドラマでした。弁護士事務所の事件の部分も、ドラマを見ている視聴者側に、大して事件の内容も状況説明もしてくれないで、ササッと済ませて法廷場面に行っちゃってます。リーガルドラマを見慣れていないと置いてきぼりを食いそうな早業でした!

私はリーガルドラマ好きなので面白くは感じましたが、主人公のアリシアが幾ら優秀な弁護士だったとはいえ、ロースクールを出て2年間しか弁護士のキャリアが無く、専業主婦から13年振りに弁護士として職場復帰してすぐに任された事件で、その予備知識も大して与えられる事無く、いきなり法廷に放り込まれたにも拘らず、弁論を駆使して裁判で大勝利!と言うのは、1話目から出来過ぎでしたわ。

だってですねぇ、アリシアが勤める事となった巨大弁護士事務所の初出勤の日に、彼女は会議室の場所を間違えて、1階下の誰も居ないオフィスで一人ポツンと待っていたり、オフィスの内線電話を取り次ぐのをあたふたしたりと、ドジっ子ぶりを発揮して社会復帰度マイナスモードだったんですよ。それが突然、法廷ではキャリアバリバリモードでした。どちらかと言うと、オフィス間違いのドジっ子ぶりっこはいらなかったかと。(~_~メ)

でも、全体的には面白かったです。楽しみなドラマがまた一つ増えてしまいました。忙しい!


↓ストーリーは公式サイトやWikiページより転載させて頂きました。

◇あらすじ
夫に裏切られて主婦から弁護士に復帰したアリシアの法廷での闘いと、家庭を持つ女性としての姿をリアルに描く。ゴールデングローブ賞受賞・エミー賞受賞作品。夫の逮捕をきっかけに13年振りに弁護士に復帰したアリシア。そんな彼女が久しぶりの現場に戸惑いながらも持ち前のバイタリティーと推理力で困難な裁判に挑んでいくリーガル・ドラマ。

◇受賞歴 / キャスト

■ゴールデン・グローブ賞、エミー賞ほか受賞多数!
・2010年ゴールデン・グローブ賞受賞:ドラマ部門女優賞 ジュリアナ・マルグリーズ
・2010年エミー賞受賞:助演女優賞 アーチー・パンジャビ
・2011年エミー賞受賞:主演女優賞 ジュリアナ・マルグリース

■主人公アリシア役を演じるのは、エミー賞と全米俳優組合賞受賞、ゴールデン・グローブノミネート等、女優として様々な功績を挙げ、日本でも『ER 緊急救命室』のキャロル・ハサウェイ役で知られる、ジュリアナ・マルグリーズ。数々の舞台出演でも功績をあげている実力派女優。

■アリシアの夫を演じるのは、人気ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』で主人公キャリーの恋人ミスター・ビッグ役を演じ一躍有名となったクリス・ノース。

■その他にも、映画『シカゴ』、『マンマ・ミーア』などに出演し、テレビ 同様高い評価を受けているクリスティーン・バランスキー、テレビ、映画、舞台に幅広く活躍しているジョシュ・チャールズなど、多彩なキャストが揃っている。


category: その他の海外ドラマ

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

cm 0   tb 0   page top

フリーエリア

カレンダーと月別ナビ

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。