12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

Cinema Chips

映画と海外TVドラマの感想と新作情報、ブログパーツなどを紹介しています。 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

映画 「RED/レッド」の感想です。 

ブルース・ウィリス主演の映画「RED/レッド」を公開初日に観てきました。1月はこれで4本目の映画鑑賞ですが、お客さんは8割強の入りで、1月に観た中では「RED/レッド」が一番入っていましたわ!タイトルの「RED」とは、Retired Extremely Dangerousの頭文字で、"引退した超危険人物"の事。去年公開のシルベスター・スタローン主演の「エクスペンダブルズ」の消耗品軍団のスゴ腕の傭兵が大活躍するアクション映画と被りますが、「RED/レッド」のメンバーはリタイアした元CIAのスパイと言う事で、活躍していた現役時代と今のギャップをコメディータッチに描きつつ、実は彼らの知らない所で陰謀に巻き込まれていた!…と言う、割としっかりしたストーリー仕立てになっていました。

冒頭は淡々とスローなテンポで、フランク(ブルース・ウィリス)の年金生活らしき孤独な日常で始まりました。それが、まさか、あんな怒涛の後半へ続くとは思えない何とも黄昏ている時間が流れていました。その冒頭のシーンは、「仲間が集合するまでが長いなぁ!」という気もしたのですが、リタイアしたオヤジ世代を強調するのに必要な時間だったかも知れないし、メリハリ効果もあったかも!?と思いました。黄昏オヤジから、突然フランクの身に危機が迫り、実は元CIAのスパイで破壊工作や暗殺に携わっていた過去が有り、当時の仲間たちの命も危険に晒されている事が分かり、危機に立ち向かうと言う展開です。この映画は、いろいろと書いてしまうと面白くなくなるので、誰がどうしたこうしたは書きませんが、老人ホームで余生を送るフランクの元上司のジョー役のモーガン・フリーマンが思ったより出番が少なかったのが残念でしたが、現役時代の薬が元で被害妄想癖の為に隠れ家で隠遁するマーヴィン役のジョン・マルコビッチがめっちゃ面白かったです。

この映画は後半の方がすごく面白くなっていたんですけど、それを支えていたのが国家に忠誠を誓い正義を貫こうとする若きCIA捜査官ウィリアム・クーパー役のカール・アーバンですね。ブルース・ウィリスとの本気モードのアクションシーンが凄いです。(ブルース・ウィリスのアクションも凄いんですけど!)そして、"女王様"のヘレン・ミレンが、ドレスアップした姿でマシンガンやライフル銃で波状攻撃させていたのにはビックリ。まぁ、どんな姿でも綺麗でカッコ良くてサマになっていたのは流石です!一番驚いたのがアーネスト・ボーグナインと言う俳優さんがまだ出演していた事です(失礼(^_^;)。私は名前まで覚えていなかったのですが、お顔はいろんな映画で拝見していました。映画サイトで読みましたが年齢が何と、94歳ですよ!すごい!彼の役はCIA本部にある秘密の金庫の番人でちょこっと登場していましたが、ある意味キーパーソンでしたよ!(笑)一番貧乏くじを引いちゃった感が有るのが年金課でフランクと知り合い危機に巻き込まれるサラ役のメアリー=ルイーズ・パーカーかも!?

ちぇっくちなみに、【「RED/レッド」のヒットを受けて、同作の配給元サミット・エンタテイメントは、同作の脚本家を務めたジョン&エリック・ホーバー兄弟に続編の脚本執筆を依頼した。今後の展開によっては、シリーズ化する可能性も出てきた。」】と言う記事が有りました。良い脚本が出来上がったら続編を作ると言う事ですね!でも、
もう皆さん、アラ還ですから続編作るなら早くしないとね!


私の評価は5点満点中の4点です ≫  イライラ度は0です
ltmltmltm
 「RED/レッド」 (英題:RED )
日本 公開日: 2011年 01 月 29日(土) (上映時間 1時間 51分)
監   督 : ロベルト・シュヴェンケ
キャスト : ブルース・ウィリス / モーガン・フリーマン / ジョン・マルコヴィッチ / ヘレン・ミレン /
        メアリー=ルイーズ・パーカー 他
米 公 開 日 :  2010年 10月 15日  
全米週末興行成績 : 初登場2位
米Yahoo!ユーザー: 平均評価 「A-」( 1379 ratings)
米 各雑誌批評家 : 平均評価 「B-」( 11 reviews)
 (米Yahoo!評価はユーザーと批評家それぞれの平均評価で、A+が最高です。)
解説 byYahoo!映画 : ブルース・ウィリスにモーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチら大物俳優たちが集結したスパイ・アクション・ムービー。今や規則正しい引退生活を送る元CIAのエージェントが、ある襲撃事件をきっかけにかつての仲間たちと伝説のチームを再結成する様子を生き生きと描く。メガホンを取るのは、『フライトプラン』のロベルト・シュヴェンケ。リタイアしたものの、かつてはすご腕のスパイだった彼らの華麗な技に見ほれる。
ストーリー : 元CIAの腕利きスパイ、フランク(ブルース・ウィリス)は、心静かに引退後の日々を送っていたが、ある日突然何者かの襲撃を受ける。調査の結果、背後にCIAが絡んでいることを割り出した彼はかつて苦楽を共にした仲間たちを招集。フランクの元上司のジョー(モーガン・フリーマン)や、元イギリスの元MI6諜報部員のヴィクトリア(ヘレン・ミレン)ら引退した超一流のスパイたちが続々と集まる。

スポンサーサイト

category: 映画〃や・ら・わ 行

thread: 映画感想 - janre: 映画

cm 0   tb 0   page top

映画 「グリーン・ホーネット」の感想です。 


映画「グリーン・ホーネット」の感想です。3Dと2Dの上映が有りましたが、映画館で予告編を観た感じでは、「IMAX3Dで観るほどの映画でもないかなぁ・・・」と思ったので、2Dで観ました。そんな感じで、最初から「ちょっとおバカなヒーロー物かな!?」と思って、余り多くを望まずにハードルを下げて観たので案外面白かったです。 しかし、これを3Dにする必要が有るのかと思いましたわ。ストーリーは父親が死亡した事で、父親の経営する新聞社を引き継ぐ事になったブリット・リード。父親が存命中のブリットは、父親への反発から放蕩三昧でしたが、父親の死後、あるきっかけで相棒のカトーとともに正体を隠して悪に立ち向かうと言う単純明快な話です。表面上は「バットマン」のような展開ですが、この「グリーン・ホーネット」に「バットマン」のような悲壮感や大義は感じません!どこか、おバカヒーロー的な匂いのするキャラです!対立する悪の方も小粒で巨悪と言うほどでもないし・・・と言っても、ドタバタコメディーと言うほど雑ではないので、娯楽(大作とは言い辛い)映画として普通に楽しめました。

ほんとに、この映画・・・、たいしてストーリーは有りません。その穴を埋めるように、やたらと殴り合いのシーンが多いし、それがまた無駄に長いです。話の途中で突然グリーン・ホーネットのブリットと相棒のカトーが仲間割れをして、ブリットの家の中で殴り合いのケンカを始めます。味方同士の殴り合いって結末が見えているだけに退屈なシーンでした。それがまぁ部屋中のありとあらゆる物を壊しまくりで投げ飛ばし合いの肉弾戦が長々と続くんですよ。私はそのシーンでいつの間にか寝入ってしまいました。その他の場面でも私は気が付かい内に寝ていたようで・・・、キャメロン・ディアスとカトー役のジェイ・チョウの絡みのシーンが有ったようなのですが、私の中でそのシーンがまるっきり飛んでしまっていて記憶にございません!(苦笑) その後のあの3人のセリフを聞いて、大体は察しが付きましたが、ストーリーの浅さを長いアクションシーンで埋められると眠たくなるんですよ!3回位寝たかも!? 今回の感想は、やたらと「寝た」が多いので、「面白かった」と言っても説得力に欠けると思いますが(笑)、全体的には楽しめたので気楽な映画を観たい人にはお薦めです。(おまけに自分が寝ておいてお薦めするのも変ですが・・・(^_^;))

この映画は1966年のTV版「The Green Hornet」のリメイクなんですね。30分の1話完結の連続TVドラマで26話分放送されて、ブルース・リーがグリーン・ホーネットを手助けする相棒の「KATO」役で出演していたそうです。私はこのオリジナルのTV番組の事は全く知らないのですけど、「カトウ」と言うのは日本人と言う設定ですが、英語表記では「KATO」なので発音は"ケイトー"となるみたいです。今回の映画の中でも、カトウは"ケイトー"と発音されていて、名前の発音からくる国籍はどうとでも取れる発音でしたが、最初の展開の感じではケイトーは日本人の設定で良いのかな?と思っていたら、途中で中国人を思わせるセリフが有ったから、いつの間にかケイトーは中国人になっていたような気がします。でも日本向けのセリフも有ったりしてカトウの国籍の統一感なし!(苦笑)まぁ、どっちでも良いんですけどね! キャメロン・ディアスの役は、ジャーナリスト志望の"できる社長秘書"と言うには、上昇志向モードのハツラツさや、若さゆえの危なっかしさが見えず・・・、妙に落ち着きすぎていて役柄設定がちょっと微妙でした。

左の写真は、1966年にアメリカで放送されていたTV版「グリーンホーネット」のキャストで、ブリット・リイド役をヴァン・ウィリアムズ、そしてカトー役をブルース・リーが演じていました。

Wiki情報によると、最初はラジオ番組で1936年から1952年にかけて放送されていたそうです。後に『バットマン』の成功を受けてテレビ番組が製作され、1966年から1967年にかけて30分番組で放映され、1967年には日本でも放映されたらしい。


私の評価は5点満点中の3.5点です ≫  イライラ度は1です(よく寝れたのでw)
ltmltmltm

 「グリーン・ホーネット」 (英題:The Green Hornet )
日本 公開日: 2011年 01 月 22日(土) (上映時間 1時間 58分)
監 督 : ミシェル・ゴンドリー
キャスト: セス・ローゲン / ジェイ・チョウ / キャメロン・ディアス / クリストフ・ヴァルツ 他
米 公 開 日 :  2011年 01月 14日  
全米週末興行成績 : 初登場1位
米Yahoo!ユーザー: 平均評価 「B-」( 1019 ratings) 
米 各雑誌批評家 : 平均評価 「 C 」( 11 reviews)
 (米Yahoo!評価はユーザーと批評家それぞれの平均評価で、A+が最高です。)
解説 byYahoo!映画 : 昼は新聞社の青年社長だが、夜な夜な相棒と共に犯罪者と戦う正義の味方グリーン・ホーネットの活躍を描いたドラマシリーズのリメイク版。『エターナル・サンシャイン』のミシェル・ゴンドリーが初の3D作品に挑み、往年のヒーロー・アクションに新たな命を吹き込む。『スーパーバッド 童貞ウォーズ』のセス・ローゲンが主演を務めるほか、ブルース・リーが演じた相棒カトー役にジェイ・チョウ。キャメロン・ディアス、クリストフ・ヴァルツら豪華キャストの共演も必見。
ストーリー : ロサンゼルスの新聞社の社長の息子・ブリット・リイド(セス・ローゲン)は父が蜂に刺されショック死したことがきっかけに急遽、社長の座についた。社長になったことでブリットはそれまでの放蕩ぶりを反省して正義感に目覚め、「ロスから悪党を消す」ことを誓う。ブリットは父の運転手をしていたアジア人・カトー(ジェイ・チョウ)とペアを組み、「発明家」でもあるカトーが開発したスーパーマシン「ブラック・ビューティー」を愛車に、緑の仮面で素顔を隠す「グリーン・ホーネット」として悪党たちに挑む。やがてブリットの父の死にロスの暗黒街の大物ベンジャミン・コドンフスキー(クリストフ・ヴァルツ)が関わっていることを知り、これに立ち向かおうとする…。

category: 映画レビュー か 行

thread: 映画感想 - janre: 映画

cm 0   tb 0   page top

映画「ソーシャル・ネットワーク」の感想です。 

「ソーシャル・ネットワーク」を観ました。この映画は、2004年にマーク・ザッカーバーグが創設したSNS「Facebook」の誕生の瞬間を描いた作品です。実話をベースに作られたそうですが、当のザッカーバーグの全面協力とはいかなかったらしいですから、どこまで真実に迫っているのかは分かりませんけど・・・彼の人となりを描くのは、友達や知り合いなど彼が関わった周辺の人物からの情報の方が或る意味確かだったりしますよね!? だからなのか?何か相当、他人には尊大で、ヤバい人で、嫌なヤツっぽくオタク青年全開で描かれていました。

映画の冒頭シーンは、マーク・ザッカーバーグが2003年の19歳、ハーバード大2年の時まで遡っての話です。学生街のパブで彼女とお酒を飲みながら話をしている場面は、ザッカーバーグのマシンガントーク炸裂で独壇場です。話の内容も、彼女の上げ足取りをして楽しんでいるいるのかと錯覚するほど、彼女の話に乗っかっては引いてまた引いて、また乗っかって・・・と、結局は自分のペースで自分の持論しか話さず、話し相手を怒らせてしまっても、何が原因かも分からず相手に責任転嫁をしてしまう性格に描かれていたと思います。本人がほんとに自分の欠点として相手を思いやるゆとりの無さを自覚しているのか不明です。プログラミングに対してはものすごく天才なのでしょうけど、まぁ当時19歳と、本当にまだまだ若いのですが、思考回路はオモチャに夢中になっている子供の様に見えました。映画では、フェイスブックの会員が100万人を超えた所まで描いていますが、2010年には会員が全世界で5億人突破と言うマンモスSNSになっています。

フェイスブックは実名登録が基本ですから、実名への不安感と匿名性の安心感の違いで、日本人の"匿名"にこだわる国民性から余り普及はしないかと思いますけど。スポーツでも何でも自己責任で自分で完結したがらない国民性ですから・・・、ボランティアをするにもアニメの主人公の名前や過去の偉人の名前でする国民性ですよ。「ボランティア」と言うのは必ずしも「施しをする」と言うような上から目線ではないのに、寄付をする事が何か特別な事をするような感覚になってしまうんでしょうか!?日本と言うのは、他国が悪くても何も主張も抗議もせずに、まず先に謝るような国ですよ。良い事をするにも自己主張をせずに他人の振りして良い事をするというのは、「僭越(せんえつ)ながら・・・」とことわりを入れてからでないと人の前に出ない日本人の自意識過剰性のなせる技でしょうか!?匿名の、ましてやアニメの主人公の名前で玄関先に置いておかれるランドセルを貰うより、普通に対面して手渡しでプレゼントとして渡してあげた方が、子供たちも普通の事として"人の善意"を受け止めやすいと思います。親とのコミュニケーションが取れない子供たちだからこそ、異質なアニメの主人公と言う匿名さんより、顔の見える実在の人物からの手渡しのプレゼントが何よりも嬉しく思うと、私は感じるんですけど。

誤解のないように書き添えますが、私は匿名での寄付者を批判している訳ではないし、自己主張をしない日本人の「謙譲の美徳」の精神を否定している訳でも有りませんよ。「匿名」や「謙譲」と言うのは、良い意味で言えば・・・、控えめで奥ゆかしいと言うような事ですが、その反面、本人がハッキリとした責任を持たず、結果を他者に委ねていると言う事も言えると思います。性善説の考え方もそうですが、日本人って、すっごく楽観主義的で
めちゃ甘な国民性です。そう言う感覚の日本人同士だけの社会の話しで済んでいたスローな時代なら曖昧な匿名性や謙譲の美徳の精神を発揮しても問題は無かったでしょう。でも今は世界が近くなって、考え方がまるで違う国との交流も盛んです。政府や大企業だけにいろんな責任を求めるのではなく、日本人が個人としての自覚や責任を負う覚悟を身につけるべきだと思っています。内外でいろんな事を主張する国民が政府や企業を強くすると思うんですよ。sengoku38さんも最初は匿名でしたが・・・

全然話が逸れてしまいましたが、アメリカでは、Googleを抜いてアクセス数ナンバーワンのWebサイトになったそうですが、日本では実名登録がネックとなってフェイスブックはブームにならないのでしょうかねぇ?この映画はフェイスブック草創期の経緯を描きながら、同時進行でザッカーバーグがアイデア盗用で訴えられる顛末も描写されています。友情の崩壊、アイデア盗作訴訟問題と、普通の人なら身も心もボロボロになってもおかしくないほど人間関係がめちゃくちゃになってしまうのですが、彼の強気の姿勢は崩れる事は有りませんでした。それはまるで感情の無いマシーンのような人間でしたが、最後のシーンで、マーク・ザッカーバーグは一人悠々とノートパソコンに向かい、この「フェイスブック」を作ったきっかけとなった彼女にアクセスをします。その表情はあの頃の初心を取り戻したような穏やかな顔に見えたので、この映画で感じていた人間の陰湿さと傲慢を、最後に少しは払拭できたようで、後味の悪さはそれほど残りませんでした。私の評価でイライラ度が3なのは、ストーリーの展開自体は問題なかったのですが、全体的に女性の描写が酷過ぎるから!何か、ほんとに、女性は媚売るしか能が無いみたいな扱い!もう少しイライラしていたかも知れませんが!(苦笑)

この写真は上の部分が映画のキャストで、下の部分の写真が実在の人物です。雰囲気が似ていますね。

            


私の評価は5点満点中の4点です ≫  イライラ度は3です
ltmltmltm
 「ソーシャル・ネットワーク」 (英題:THE SOCIAL NETWORK)
日本 公開日: 2011年 01 月 15日(土) (上映時間 2時間 00分)
監 督 : デヴィッド・フィンチャー
キャスト: ジェシー・アイゼンバーグ / アンドリュー・ガーフィールド / ジャスティン・ティンバーレイク 他
米 公 開 日 :  2010年 10月 01日  
全米週末興行成績 : 初登場1位(2週連続1位)
米Yahoo!ユーザー: 平均評価 「A-」(3473 ratings) (1/15日現在の数字)
米 各雑誌批評家 : 平均評価 「 A 」(13 reviews)
 (米Yahoo!評価で、A+が最高です。)
解説 byYahoo!映画 : 世界最大のSNS「Facebook」誕生の裏側を描いた伝記ドラマ。ハーバード大学在学中にFacebookを立ち上げた主人公たちが、一躍有名人となり巨万の富を築くものの、金や女、裏切りの渦に巻き込まれていくさまを映し出す。監督は、次々に話題作を送り出すデヴィッド・フィンチャー。キャストには『イカとクジラ』のジェシー・アイゼンバーグ、『Dr.パルナサスの鏡』のアンドリュー・ガーフィールド、ミュージシャンのジャスティン・ティンバーレイクら注目株がそろう。
ストーリー : 2003年、ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、学内で友人を増やすためのサイトを親友のエドゥアルド・サヴェリン(アンドリュー・ガーフィールド)と共に立ち上げる。サイトは瞬く間に学生たちの間に広がり、ナップスター創設者ショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイク)との出会いを経て、社会現象を巻き起こすほど巨大に成長していくが……。

category: 映画レビュー さ 行

thread: 映画感想 - janre: 映画

cm 0   tb 0   page top

海外ドラマ 「フラッシュフォワード」 シーズン1最終回の感想です。 

fot海外ドラマ専門チャンネルのAXNで2010年7月から始まったドラマ「フラッシュフォワード」シーズン1が
2011年1月9日に最終回を迎えました。去年の7月に第1話目の感想をUPした記事にも書きましたが、このドラマは日本でシーズン1が初放送される前に、アメリカでシーズン1での打ち切りが決定していました。ドラマの内容が【全世界の人間が同時刻に2分17秒間にわたり同時に意識を失い、その間に半年後の自分の未来を見る。】と言う話なんですけど、日本の視聴者は去年の7月の時点で、未来である2011年のこの日で、番組がシーズン1で打ち切りになるのを知ったと言う"未来視体験"をしたと言う事ですね!そんな悲しい未来視を日本の視聴者にも見させた「フラッシュフォワード」ですが、私は中途半端に打ち切りになっていると分かっていても、めげずに第一話目から見ました。(最終回のネタバレが有りますから嫌な人は読まないで下さいね。)

私は結構、荒唐無稽物が好きなんですよ!だから、このドラマは以外にも面白くて最後まで見てしまいました。ドラマのセリフで、科学とか物理の聞いた事が無いような専門用語が飛び交ったりしますが、そう言うセリフを適当に飛ばしてみても全然平気な方なので最後まで観れたんだと思います。第1話の製作費が10億円を投じたと言う事ですが、最終回もTVドラマなのにすごく迫力が有って見応えが有りました。連続物の中だるみで7話目前後辺りからちょっとダレたエピソードが何話も続くんですが、それ位は仕方がないとして、打ち切りにするほど酷い内容ではなかったですよ。打ち切りの理由は、視聴率の割に製作費が掛り過ぎると言うことらしいですけど!

ただ一つ致命的なミスと言えば、主役のFBI捜査官マーク・ベンフォード役のジョセフ・ファインズに世界を託せる程のカリスマ性が無かった事ですね!その上、この未曾有の大惨事に立ち向かわないといけない主人公"マーク・ベンフォード"と言う人物設定が、アルコール依存症で猜疑心が強くて、その事で奥さんとも常に揉めていました。話が進んで行っても奥さんとのトラブルや、未来視体験の映像の場面でマークがお酒に逃げ込む姿が何度も何度も繰り返し映し出されて、とても嫌な弱い卑怯な面ばかり出していたと思います。そう言う主役に感情移入はできませんもんね!せっかく面白い題材だったのに、主役の人物設定が弱すぎだし、ジョセフ・ファインズの顔は普通にしていても泣き顔に見えるのはアウト!でしたね。

このドラマは最初からシーズン5までの構想が練られていたと言う事ですが、今回のシーズン1の最終回に全て完結するエピソードを詰め込んで終了した訳では有りません。もしかしたら、何かの都合でシーズン2が復活するかも知れないからエピソードは残して置かないといけないでしょ。多分、そう言う事も考えて、幾つもの疑問は残されたままだし、最終回のエピソードで暗殺集団からの襲撃を受けて危機一髪の主人公が最後に爆破されるFBIの支局から脱出できたのかの生死も曖昧な形で終わっています。最後の最後で2度目のブラックアウトが起こり、或る組織の人間を除いて再び全世界の人間が同時に気を失い未来視体験をします。そして、本来ならこの未来視の続きはシーズン2へと引き継がれて行くのですが・・・未来はABCネットワークにより閉ざされてしまいました。

私は面白く観れたので是非この続きを観たいんですけどねぇ~!マークは爆死したと言う事で・・・、強いリーダーシップで世界を救う説得力のある新しい主役を迎えて続きを作ってくれないかなぁ?

AXN の公式サイトから解説とストーリーを抜粋させて貰いました。 
ltmltmltm

番組解説 by AXN全世界が同時に意識を失うという不思議な事象を軸に、多くの謎、登場人物たちの関係、そして未来への挑戦といったミステリー、サスペンス、SF、アクション、ラブストーリー、ヒューマンドラマといった様々な要素が絡み合い、予測不可能な展開を見せる。全世界の人間が同時に気を失っていた時間は、2分17秒間。しかもそのヴィジョンは皆、2010年4月29日午後10時のものだった。人々は職場で、家で、そして学校で尋ね合う" What did you see? "(「何を見た?」)と・・・。なぜ2010年4月29日なのか。なぜ、この不可思議な現象が起こったのか。ヴィジョンは現実となるのか。モザイクのピースのように集められたヴィジョンが一つの形を成すときそこに示される真実とは・・・。

シーズン1第22話(最終回) タイトル&ストーリー ≫ 「 Funture Shock (邦題は「未来に追いつく日」) 」
【未来視で見た4月29日、午後10時まで78分に迫った午後8時42分、マークは酔っぱらってケンカをしてしまい警察の収容センターの檻の中にいた。そんなことは知らずに、オリビアはチャーリーと共に、未来を変えようと未来視に逆らって浜辺に居た。一方、ジャニスは体調の不安を感じつつも、2度目のブラックアウトを阻止しようとNLAPにサイモンとディミトリを送り届ける。そんな中、FBIロス支局で時限爆弾が見つかる。マークは上司のウェデック支局長によって釈放されFBIロス支局へと向かう。】

フラッシュフォワード

価格:945円(税込)

フラッシュフォワード
【こちらはこのドラマの原作本です。】
発行年月: 2010年01月/ 文庫/ページ数:494p

全世界の人びとが自分の未来をかいま見たら、なにが起こるのか?ヨーロッパ素粒子研究所の科学者ロイドとテオは、ヒッグス粒子を発見すべく大規模な実験をおこなった。ところが、その実験は失敗におわり、そのうえ、世界じゅうの数十億の人びとの意識が数分間だけ21年後の未来にとんでしまった!人びとは、みずからが見た未来をもとに行動を起こすが、はたして未来は変更可能なのか…。

category: 「FlashForward」

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

cm 0   tb 0   page top

フリーエリア

カレンダーと月別ナビ

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。