02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Cinema Chips

映画と海外TVドラマの感想と新作情報、ブログパーツなどを紹介しています。 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

アンジェリーナ・ジョリー主演の映画 「ソルト」の感想です。 

映画「ソルト」を観てきました。私はこの映画は期待しないで観たんですけど、思っていたより見応えが有りました。軽い娯楽作品として観たら面白かったと思います。ただし、ツッコミどころ満載でしたけどね!その一つが、アンジェリーナ・ジョリーの超人的と言うか、スパイダーマン!?、或いはバットマン!?ジェイソン・ボーン!?と聞きたくなるようなスーパーウーマンぶりでした。その都度、ツッコミを入れながら観ていました。ある意味、楽しめたと言う事ですよ!(苦笑)

アンジーが演じるCIAの女性エージェントであるイヴリン・ソルトは、ロシアの二重スパイの容疑をかけられ、身の潔白を証明するためにまずは逃走を図るんですけど、めっちゃ強い強い!とにかく、その逃亡劇の始まりのアクションが、その場に有るものを利用して武器にしてしまうシーンなどは「ボーン・アイデンティティ」のジェイソン・ボーンみたいでした。でも、ソルトの器用さと特殊部隊をも倒してしまう強靭な腕力は、幾らプロファイルを見せられても説得力はなかったです。その後も追手に取り囲まれて捕まる寸前に高架橋から高速道路へと飛び降りて、走行中のトラックの屋根に落下、銃撃をかわしながら隣の走行中のタンクローリーに移ったかと思ったら、また別のトラックに飛び移り、最後はバイクの男性を蹴り飛ばしてバイクを奪って逃げてしまう所なんて、ジョン・マクレーンもビックリの「ダイ・ハード」なボディーも説得力がなかったです!

スパイ・サスペンスなので、途中の詳しい内容は書かないでおきますけど、ソルトが捕ってパトカーに乗せられてからも、アンビリーバボーな展開が続きました。パトカーで護送される途中で、屈強な警官たちに挟まれた状態でも、警官をパトカーから放り出したり、前後左右から追跡してくるパトカーに何度も激突させたり、ソルトが乗っていたパトカーがジャンプして停車中のタクシーに突っ込んでしまっても、ソルトだけがどこにもケガも骨折もしないで涼しい顔をしてその場から立ち去ると言う、とても人間業とは思えない不死身さは「バットマン」みたいでした。他にもエレベーターシャフトをロープもなしで素手だけで降下するところなんて「スパイダーマン」みたいだったし、ソルトの何倍も腕力有りそうな重量感のある男性との格闘シーンは「007」のジェームズ・ボンドでした。・・・が、やはり格闘シーンも説得力なさすぎでしたね!

ところが、一つだけ説得力があったのが、ロシアの二重スパイのソルトが長年に亘りアメリカで生活しながらテロの機会を待っていたと言う所です!この映画の脚本家は、実際のロシアのスパイにネタを教えて貰ったのかと思う位この映画にそっくりな事件が実際にアメリカで6月に明るみになっていましたわ。米司法省が6月28日にロシア人スパイ10人を一斉に逮捕。そのロシアスパイ団の一人アンナ・チャプマン容疑者は、FacebookやYouTubeに写真が載っていたから「驚くほど美しいロシアの女スパイ」と今アメリカで話題になっていますよね。この映画の設定に似通っていたのでビックリしました。


実際に今年の6月に起こった事件は、「米当局が28日までに訴追した11人は、10年以上かけて地域に溶け込んでいた。27日に逮捕された10人は夫婦を装ったカップル5組で、もう1人は行方不明。米国で核弾頭開発計画などの情報を収集していたとされ、10年以上前からニューヨーク郊外やボストン、シアトルなどに身元を偽って居住。ニューヨーク郊外の駅などで国連ロシア代表部関係者らから現金を受け取り、インターネット上の画像を利用するなどして情報を伝達。地面に埋めた現金を数年後に掘り返すといった方法も使われた。
ロシアのウェブサイト「アドゥノクラシニキ」より(AP) ロシア外務省は9日、米国とロシアが、ロシアのスパイとして米司法当局に起訴された男女10人とスパイ罪でロシアで服役していた4人を交換することで合意したと発表、交換は「露米関係の改善と、両国の戦略的協力関係に関する高いレベルの合意を背景に実現した」と評価する声明を出した。タス通信が伝えた。」

上の記事では、「米国とロシアが、ロシアのスパイとして米司法当局に起訴された男女10人と、スパイ罪でロシアで服役していた4人を交換することで合意したと発表した」と書かれていますから、この「ソルト」の冒頭のシーンと殆んど一緒ですね!その後の、アメリカで何十年と暮らしながらスパイ活動をしているという所も良く似ています。実際の話で、スパイ交換でアメリカに戻れたロシアで服役していた4人は、寝返って二重スパイかも?なんてね!?(^_^;) この映画、アクションシーンはあり得ないとんでもシーンの連続でしたが、人物・背景設定はまさしく実話さながらのエピソードと言えますわ。


ちなみに、この映画の主役は最初はトム・クルーズが演じる予定だったそうですね。記事によるとトム・クルーズが同時期公開の「ナイト&デイ」の方を選んだため降板。そのために何故か主役の設定を女性に変更してアンジェリーナ・ジョリーに決まったらしい。脚本は殆んど変更なしで、役名を「エドウィン」から「イヴリン」に変えただけだったそうです。なぜ、主役を男性のままではなく、女性に変更したのか書いてなかったけど、それが気になる(^^ゞ。ところで、この「ソルト」を蹴って、キャメロン・ディアスとの共演の「ナイト&デイ」(米:6月公開 / 日本:10月公開)を選んだトム・クルーズの映画の興行収入は初登場3位でふるわず、トム・クルーズの過去20年間の主演作で最低のオープニング興収だったらしい。

私の評価は6.5です ≫ 採点表採点表☆☆イライラ度は3です ≫ 採点表
ltmltmltmltm
 「ソルト」 (英題:SALT )

日本 公開日: 2010年 7 月 31日(土) (上映時間 1時間 39分)

監 督 : フィリップ・ノイス

キャスト: アンジェリーナ・ジョリー / リーブ・シュレイバー / キウェテル・イジョフォー / ダニエル・オルブリフスキー / アンドレ・ブラウアー / アウグスト・ディール 他

米 公 開 日 :  2010年 7月 23日
 
全米週末興行成績 : 初登場2位

米Yahoo!ユーザー: 平均評価 「 B+ 」 ( 1693 ratings)

米 各雑誌批評家 : 平均評価 「 B- 」 ( 13 reviews)

 (米Yahoo!評価はA→F。ユーザーと批評家それぞれの平均評価で、A+が最高です。)

解説 byYahoo!映画 : 二重スパイの容疑をかけられたCIAエージェントをアンジェリーナ・ジョリーが熱演するアクション・サスペンス。潔白を証明したいヒロインが、CIAの追跡をかわしながら真犯人を探し出すまでをスリリングに描く。メガホンを取るのは、アンジェリーナとは『ボーン・コレクター』以来のコンビとなるフィリップ・ノイス。共演は『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のリーヴ・シュレイバー、『2012』のキウェテル・イジョフォー。

ストーリー : CIAエージェントのイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)は、何者かの陰謀によってロシアスパイの嫌疑をかけられてしまう。逃走を図ったソルトはCIAの追跡をかわしながら、自らの容疑を晴らすべく、たった独りで真相究明に乗り出すが……。


スポンサーサイト

category: 映画レビュー あ 行

thread: 映画感想 - janre: 映画

cm 0   tb 0   page top

海外TVドラマ 「フラッシュフォワード」 の感想です。 


fot海外ドラマ専門チャンネルの「AXN」で7月25日から始まった「フラッシュフォワード」の第1話を観ました。このドラマはアメリカのABCネットワークで2009年9月から2010年5月までシーズン1(全23話)が放送されていました。
タイトルの"フラッシュフォワード"とは、"未来視体験"を意味し、"フラッシュバック"をもじった造語らしい。カナダの作家のロバート・J・ソウヤーの同名SF小説が原作のドラマです。

Wiki情報によると、原作ではスイスのジュネーブが舞台になっていますが、このドラマでは、ロサンゼルスのFBIに設定が変って展開して行くようです。内容的にも原作とは違った設定が多いようです。主演は、1998年のアカデミー賞で作品賞に輝いた「恋におちたシェイクスピア」でシェイクスピアを演じたジョセフ・ファインズ。共演は、映画「スター・トレック」のジョン・チョー、「LOST」のドミニク・モナハン、ソーニャ・ヴァルゲルなどで、第1話には原作者のロバート・J・ソウヤーが病院内のシーンにカメオ出演しているそうです。


フラッシュフォワード

価格:945円(税込)

フラッシュフォワード
【こちらはこのドラマの原作本です。】
発行年月: 2010年01月/サイズ:文庫/ページ数:494p

全世界の人びとが自分の未来をかいま見たら、なにが起こるのか?ヨーロッパ素粒子研究所の科学者ロイドとテオは、ヒッグス粒子を発見すべく大規模な実験をおこなった。ところが、その実験は失敗におわり、そのうえ、世界じゅうの数十億の人びとの意識が数分間だけ21年後の未来にとんでしまった!人びとは、みずからが見た未来をもとに行動を起こすが、はたして未来は変更可能なのか…。





AXN の公式サイトから番組解説とストーリーを抜粋させて貰いました。

ltmltmltm

番組解説 by AXN本作品の魅力の一つ、それは紛れもなく、これまでの作品とは一線を画す斬新なストーリーだ。全世界が同時に意識を失うという不思議な事象を軸に、多くの謎、登場人物たちの関係、そして未来への挑戦といったミステリー、サスペンス、SF、アクション、ラブストーリー、ヒューマンドラマといった様々な要素が絡み合い、予測不可能な展開を見せる。全世界の人間が同時に気を失っていた時間は、2分17秒間。しかもそのヴィジョンは皆、2010年4月29日午後10時のものだった。人々は職場で、家で、そして学校で尋ね合う" What did you see? "(「何を見た?」)と・・・。なぜ2010年4月29日なのか。なぜ、この不可思議な現象が起こったのか。ヴィジョンは現実となるのか。モザイクのピースのように集められたヴィジョンが一つの形を成すときそこに示される真実とは・・・。

シーズン1第一話 タイトル&ストーリー ≫ 「 PILOT(邦題はブラックアウト) 」
【―それは2009年10月6日の出来事だった―
FBIロサンゼルス支局に勤務する捜査官マーク・ベンフォードは、同僚のディミトリ・ノウと共にテロリストを追跡中突然意識を失う。再び意識が戻ったとき、マークの目の前に広がっていたのは、大惨事と、恐怖に怯え、パニックに陥る人々の姿・・・。彼はこの不可解な現象がロサンゼルスだけでなく、全世界で起こったことを知る。そして支局に戻った彼は、同僚たちも自分と同じようにヴィジョンを見ていることに気づく。そこでFBI捜査官のマーク、ディミトリ、そしてジャニスを中心とした特別捜査チームが組まれた。彼らはウェブサイトを使って70億人のヴィジョンを集め、その内容に基づいて2010年4月29日午後10時に起こる出来事を把握しこの事態の原因を解明しようと試みる・・・。】

私の感想です。

「全世界の人間が同時刻に2分17秒間にわたり同時に意識を失い、その間に半年後の自分の未来を見る。」と言う異常現象が起こり、飛行中の航空機は墜落し、世界中の道路で交通事故が起き、手術中の患者が死亡するなど世界各地で大惨事になります。そんな未曾有の大惨事なのに、「FBI捜査官のマーク、ディミトリ、ジャニスを中心とした特別捜査チームが組まれた。」と言う所が、いかにもテレビ的でしたね。もっと国土安全保障省とかが乗り出してきて大々的に捜査すべき事態の様な気がしますが・・・(苦笑)。

それはともかく、なぜ世界同時失神が起きたのか!?なぜ半年後の未来が見えたのか!?なぜ未来が見えない人もいたのか!?そして、その未来は変えられるのか!?と言う幾つかの謎が真っ先に提示されているドラマなので、その数々の謎に向かってストーリーが展開されて行くのでしょうが、そこは、連続ドラマですから、謎をすぐに解いてしまったら話が終わってしまうので、「LOST」のように謎が絡み合って紆余曲折ばかりで中々先に進んで行かないんでしょうね!?でも、第1話を見た限りでは、ストーリーに斬新さがあって面白かったです。その謎の解明の仕方によっては楽しみなドラマになると思う。

それなのに・・・、一つ悲しいお知らせです。(^_^;)
アメリカのABCネットワークは、このドラマの第一話のPILOT版には10億円もの製作費を投入してやる気満々だったようですが、残念ながらアメリカでの視聴率低下を理由にシーズン1をもって放送の打ち切りを決定したそうです。記事によると「視聴者離れを招いた要因には、ABCが冬季オリンピックを考慮してシーズン途中で約4ヶ月にわたり放送を中断したことや、『LOST』に次ぐ話題作と期待されていた本作を『LOST』の終了を待たずに放送してしまったことなど。」と解説しています。

でも、FOXで放送している「GLEE」も冬季オリンピックなどの理由で4カ月間放送を休止したけど、放送再開後の方が視聴率が上がったそうですけどね!(^_^;)

まだ第1話目を観た所なので何とも言えませんけど、面白くなりそうな感じでした。このドラマは当初、シーズン5までの構想が練られていたらしい。だから、文庫本にして494ページのストーリーを、シーズン5まで引き延ばそうとして、無駄に話を引っ張り過ぎて視聴率が下降したんだと思う(-_-メ)。 最初からシーズン3くらいにギュギュッとストーリーを凝縮した構成だったら、まだマシだったかも!?まぁ、アメリカ以外で放送された国では視聴率が良かったらしいから、日本でもヒットすれば、続編の可能性は有るかも!?

category: 「FlashForward」

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

cm 0   tb 0   page top

映画 「インセプション」 の感想です。 

ディカプリの新作映画「インセプション」を先行上映で観てきました。8割くらいのお客さんの入りで、スクリーン前の席以外は満席状態で混んでいました。ノーラン監督+ディカプリが主演というのと、渡辺謙さんが出演していると言うので大入りだったのかな!?渡辺謙さんは、ほぼ出ずっぱりでしたが、違和感なくキャスティングされていて好演でした。この作品はクリストファー・ノーラン監督が自ら書かれたオリジナル脚本と言う事で期待して観ました。実際に期待に違わず面白かったですよ!久々に映画館を出た時に、すぐにもう一度観ても良いかも!?と思える映画でした。まぁ、ちょっと難解なテーマだったので、最初から細部まで再検証したいと言うのも有るんですけどね!(苦笑)予告編を見た時は「マトリックス」的な映画なのかなと思っていたんですけど、実はシンプルな内容のSF・スパイ・トリック映画(こう言うジャンル表現が有るのか知らないですけど?(^^ゞ)だったと思います。 

まず冒頭のシーンからしばらくは、内容が分かり辛いのをただただやり過ごして行って、流れを掴むだけで精一杯でした。そして、この映画の主人公が何者で、何をやりたいのかを理解し出した物語の中盤辺りからは(遅い!?(^^ゞ)、物語のスピード感が増して行って時空間が複雑に交差して行っても、所々で観客に自然に理解させるようなセリフと映像を挿入しながら物語が進行して行くので、それほど理解不能に陥ると言う事も有りませんでした。他人の潜在意識に入り込むプロセスや現実と夢想下との時間の進み方のズレや、夢の中で死んだらどうなるか?など、丁寧に脚本が作り込まれていて物語の中で説明されています。実際、この細かい部分がこの映画の重要な要素になっているので見逃せない所です。夢の中に入った本人が、夢か現実かを判断するアイテムと言うのも最後までキーポイントでした。

主人公のコブ(ディカプリオ)の職業は、最先端の特殊な装置を使って、ターゲットが睡眠状態にある時に、その人物の脳内の潜在意識に入り込んでアイディアを盗み取るスゴ腕の企業スパイです。実はコブ自身の潜在意識の中に”ある秘密 ”を抱えていて、それが現実世界のコブの罪悪感となって現れてコブを苦しめます。そのコブの潜在意識がどう作用するかによって今回のミッションの命運が掛っています。コブの潜在意識下に現れる女性こそコブの奥さんであり、二人の子供たち。物語が進むにつれてコブが母国アメリカで指名手配をされていて帰国が叶わず子供たちと離れ離れになっている事がわかります。そして、その犯罪歴を消してくれる大物権力者のサイトー(渡辺謙)という男性から、危険が伴う潜在意識の最下層への「インセプション(植えつける)」と言うミッションの依頼を受けます。成功すれば過去の犯罪歴が消されて、晴れてアメリカに帰国して子供たちと再会できる・・・。と言うように、物語の所々に奥さんと子供への愛と葛藤が見え隠れして、単なるバーチャルなSFアクションではなく、究極の愛の行く末も描いていました。


ちぇっくこの映画では、ディカプリが新幹線車内で確か、「次のキヨートで降りる」とか言うセリフが有りましたが、実際に2009年6月19日に東京での撮影があり、新幹線車内のシーンやヘリの空撮、都内の高層ビルのヘリポートでの撮影が行われたそうです。他にロサンゼルス、ロンドン、パリ、タンジェ、カルガリーなど世界各地で撮影が行われたようです。

ltmltmltmltm
 「インセプション」 (英題:INCEPTION )
日本 公開日: 2010年 7 月 23日(金) (上映時間 2時間 28分)
監 督 : クリストファー・ノーラン
キャスト: レオナルド・ディカプリオ / エレン・ペイジ / マリオン・コティヤール / ジョセフ・ゴードン=レヴィッ
  ト / 渡辺謙 / キリアン・マーフィ / トム・ハーディ / トム・ベレンジャー / マイケル・ケイン 他
米 公 開 日 :  2010年 7月 16日  
全米週末興行成績 : 初登場一位
米Yahoo!ユーザー: 平均評価 「 A- 」 ( 5050 ratings)
米 各雑誌批評家 : 平均評価 「 B+ 」 ( 11 reviews)
 (米Yahoo!評価はA~Fの6段階。ユーザーと批評家それぞれの平均評価で、A+が最高です。)
解説 byYahoo!映画 : 『ダークナイト』のクリストファー・ノーラン監督がオリジナル脚本で挑む、想像を超えた次世代アクション・エンターテインメント大作。人の夢の世界にまで入り込み、他人のアイデアを盗むという高度な技術を持つ企業スパイが、最後の危険なミッションに臨む姿を描く。主役を務めるのは『シャッター アイランド』のレオナルド・ディカプリオ。物語のキーマンとなる重要な役どころを『ラスト サムライ』の渡辺謙が好演する。斬新なストーリー展開と、ノーラン監督特有のスタイリッシュな映像世界に引き込まれる。
ストーリー : コブ(レオナルド・ディカプリオ)は、人が一番無防備になる状態、つまり眠っている時に夢を通して潜在意識に侵入して他人のアイデアを盗みだすと言う犯罪分野におけるトップ・スペシャリスト。類まれな才能と最高の技術を誇る彼と彼のチームに、ある人物から特別なミッションが依頼される。それは、不可能に近いほど難易度の高いもので、命を懸けた究極のミッションだった。
私の評価は10点満点中の9です ≫ 採点表採点表

category: 映画レビュー あ 行

thread: 映画感想 - janre: 映画

cm 0   tb 0   page top

映画 「 アイアンマン2 」 の感想です。 

「アイアンマン2」を観て来たので感想をUPしました。前作「アイアンマン」は2008年9月の公開でした。前作の粗筋をおさらいしておくと、【トニー・スタークは、米国政府と取引を持つ巨大軍需産業企業であるスターク社の最高経営者であり、天才的頭脳を持つ兵器開発者でもあったが、新型兵器の実験中にテロリストによって拉致されてしまう。そこでテロリストから兵器を作るように命じられたが、彼らの目を盗んで手作りでロボットを作り脱出に成功する。スタークはアメリカへ戻り、自らの体験を元に兵器を悪用されるような軍需産業からの撤退を決め、兵器開発を中止する。】前作の私の感想は⇒コチラです。その時の私の評価は最高の星5個でした。1作目はほんとうに面白かったです。
私の評価は10点満点で6です。≫採点表採点表

前作「アイアンマン」の私の感想では、「ほとんど無駄なシーンがないと思えるくらい楽しめました!」と書いていて、文句なく楽しめて面白かったのを覚えています。そのせいか期待して観に行ったので・・・、期待し過ぎたせいも有ると思うけど・・・、やはり映画と言うのは期待したらハードルが上がってしまうのでガッカリ度も上がるわけで・・・、だから、いつも期待しないで観るに限ると思っているんですけど・・・、余りにも前作が大好きだったのでつい密かに期待して観てしまったので・・・まぁ、要するに往々にして続編は前作を超えられないと言う見本のような映画になっていました。

もちろん映像的には前作より遥かにパワーアップされ、アクションシーンも満載でVFXの映像は素晴らしかったです。しかし、もう特撮VFXは嫌と言うほど観てきているので、映像で驚かされないし、今回の「アイアンマン2」も見せ場がVFX位しかないんじゃ、これまでの他のヒーローもの映画と大差がなくなってしまって、単なる特撮映画になっていた気がします。

前作があれだけ面白かったのは、あのアイアンマンが手作りのアナログ感を失わず、ヒーローが限りなく無責任な感じの漂う普通のおじさん!と言うのも斬新だったし、ロバート・ダウニー・Jrのとぼけた演技も存在感があって画面に見入っていました。でも今回の「アイアンマン2」は、冒頭のダンスシーンはエキスポのオープニングシーンだったって事ですが、私にはリアリティーを失わせるヒーローショーにしか見えず・・・、何か途中のパーティーシーンなんかも脚本の空洞化を埋めるための時間稼ぎにしか思えず・・・、映画を見ている間中、何かモヤモヤした気分でスッキリ楽しむことができませんでした。

そう言えば、第1作目に出演していたトニーの親友ローディ役の俳優さんがテレンス・ハワードから、ドン・チードルに変更されていたのにもガッカリでした。続編の最初に登場した時に私は「この人ダレ!?」状態でした。そしてミッキー・ロークが演じるロシア人の悪役ウィップラッシュがアイアンマンのコピーロボットを手作りで作ってしまったり、コンピューター制御の無人兵器ロボットをいとも簡単に作ってしまっていたのも・・・どうも、あのウィップラッシュと天才科学者とのイメージが合わず、ず~っとキャストに違和感を覚えながら観ていました。

ちぇっく今回は久しぶりにオマケ映像が有りました。チョイ長いエンディングクレジットを我慢して見終えると、もう1カット映像が見れますよ!


「アイアンマン2」の
「フォトギャラリー」
はコチラです。
■ 「アイアンマン2」 (英題:IRON MAN 2 )
■ 日本 公開日: 2010年 6 月 11日(金) (上映時間 2時間 05 分)

■ ストーリー : 自ら発明したパワード・スーツで平和のために死闘を繰り広げる天才科学者兼経営者トニー・スタークを描き、大ヒットを記録したアクション大作『アイアンマン』の続編。アイアンマンであることを公表したトニーに、新たな敵が襲い掛かる。【パワード・スーツ受け渡しの国家命令を拒否した科学者兼経営者のトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)。ある日、トニーの前にウィップラッシュ(ミッキー・ローク)なるアイアンマンと互角のパワーを持つ敵が現れたことから、トニーは再びパワード・スーツに身を包みアイアンマンとして立ち上がる。】(Yahoo!映画より抜粋)
■ 監 督 : ジョン・ファブロー
■ キャスト: ロバート・ダウニー・Jr / グウィネス・パルトロー / スカーレット・ヨハンソン / ミッキー・ローク / ドン・チードル / サミュエル・L・ジャクソン 他
■ 米 公 開 日 :  2010年 5月  

■ 全米週末興行成績 : 初登場1位(2週連続1位獲得!)
■ 米Yahoo!ユーザー: 平均評価 「 A- 」 (10826 ratings)
■ 米 各雑誌批評家 : 平均評価 「 B- 」 (12 reviews)

米Yahoo!評価はA~Fの6段階。ユーザーと批評家それぞれの平均評価で、A+が最高です。(ストーリーはYahoo!映画より抜粋させてもらいました。)

category: 映画レビュー あ 行

thread: 映画感想 - janre: 映画

cm 0   tb 0   page top

フリーエリア

カレンダーと月別ナビ

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。