01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»07

Cinema Chips

映画と海外TVドラマの感想と新作情報、ブログパーツなどを紹介しています。 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

「インビクタス」の感想です。 

2月に観る映画をピックアップしています。まずは2月5日(金)公開の「インビクタス/負けざる者たち」です。監督がクリント・イーストウッド、主演がモーガン・フリーマンとマット・デイモンと言われれば、もう期待するしかないのですが・・・、内容のキーワードが「南アフリカ」、「人種隔離政策アパルトヘイト」、「ラグビー」と、どれを取っても私には馴染みが薄い題材なのでちょっと心配。英題の「INVICTUS」とはラテン語で「不屈」と言う意味らしい。
スポーツを通して民族融和を不撓不屈の精神で突き進めたスポ根民族物語って言う所でしょうか!?

この映画で第82回アカデミー賞の「主演男優賞」にモーガン・フリーマン、「助演男優賞」にマット・デイモンが揃ってノミネートされています。下馬評では「主演男優賞」は『Crazy Heart』の俳優さん、「助演男優賞」はあの『イングロリアス・バスターズ』でのドイツ軍の大佐役がハマっていた俳優さんが有力だと言われているようですが・・・、アカデミー賞の発表は、今年は2月のオリンピック中継と重ならないように3月7日にずれ込んだようです。

感想を追記しました。 私の評価は≫採点表 イライラ度≫採点表

この映画は文句なく面白かったです。・・・文句なくと言いながら、その割に満点評価ではなく、イライラ度のメーターもピコッと2個上がっていますが、それは、別にイライラしたからではなくて、ネルソン・マンデラ大統領を扱っていながらアパルトヘイト政策の根本的な人種問題をスルーしていたのが気になったからです。だから、ちょっと言い方は悪いけど、臭いモノには蓋をして品行方正なスポ根人情ドラマに徹していたので、感動的ではあったけど琴線に触れるまでには至りませんでした。

物語りは南アフリカがアパルトヘイト撤廃後、反アパルトヘイトの活動家ネルソン・マンデラが反逆罪により27年に及び投獄された刑務所から釈放される場面から始まりました。まるでニュース映像を見ているような淡々とした映像でした。釈放されたネルソン・マンデラを乗せた車列が通る道路の両側の一方には、青々とした芝の立派なグラウンドでラグビーの練習に励む白人達。そしてその反対側には、砂埃の上がる乾いた土のグラウンドでサッカーをする黒人の子供たち。その僅かなプロローグのシーンだけでも、アパルトヘイト・人種隔離政策の理不尽さが垣間見れました。

それから、その後に行われた全人種投票による総選挙によって、ネルソン・マンデラは晴れて南アフリカ大統領となりました。この物語は実在の人物とエピソードを基に描かれていると言う事で、それぞれの登場する人たちの潜在的な思いは熱く強く感じましたが、そう言う国の大転換となる基軸になったエピソードを扱っている割には、隔絶された人種間の問題もさることながら、マンデラ大統領の実像を赤裸々にクローズアップしている訳ではなく、ラグビーのW杯に優勝する事によって民族の対立を失くし白人と黒人の融和を図ろうとする大統領の思いだけがメインに描かれていただけなので、政治的なドラマチックさと緊迫感が欠けていました。

マンデラ大統領が獄中で心の支えとした「INVICTUS」の詩を挿入する事によって、観客にマンデラ大統領が当時置かれていた立場や、それにどう立ち向かったのかを示したのは分かるのですが、人種隔離政策で民族間の対立がどれ程の物だったのかを示すには、この映画で描かれた白人側、黒人側のエピソードは余りにも単純な構図でした。当時のマンデラ大統領の言動は人の理想とする所で、もちろん崇高で真摯なものではあるけど、この映画が過去を扱っているだけに・・・、現在の南アフリカは、今年の南アでのサッカーW杯の開催さえ危ぶまれるほどの社会情勢の悪化や黒人の貧困の現状を見れば、理想は理想でしかないと言うのを思い知らされ、この映画の「ひとつの願いが、本当に世界を変えた物語。」と言うキャッチコピーが色褪せてしまう。

そんな今も混沌としている南アの背景を考えないでこの映画を観たら、感動的なヒューマンドラマとして楽しめると思いますけどね! 私の感動ポイントとしては、マンデラ大統領とラグビーチームのキャプテンのピナールがお互い指揮官として技量を試される立場に立ち向い「不屈」の精神で乗り越えて行く姿が良かったです。他にも大統領警護官の白人スタッフと黒人スタッフが対立からそれぞれを理解し合い、信頼を高めて行く過程が上手くラグビーを通して描かれていて、緊迫した熱戦の試合ともども味わいのある人間模様でスポ根ヒューマンドラマとして面白かったです。

ちぇっく映画のクライマックスシーンで、W杯の決勝戦の試合直前に南アフリカ航空機が競技場の真上えを低空で飛ぶと言うシーンが有りましたが、あれはフィクションではなく実話らしい。どんどん高度が下がり近づいてくる飛行機に競技場の観客たちは騒然となるが、その機体の底に「GOOD LUCK BOKKE」書かれていた文字を見て想いは一つになると言う感動的なシーンでした。あれが実話とはビックリでした。


「インビクタス」の
「フォトギャラリー」
はコチラです。
■ 「インビクタス/負けざる者たち」 ( 英題:INVICTUS )
■ 日本 公開日: 2010年 2 月 05日(金) (上映時間 2時間 14 分)
■ ストーリー : ジョン・カーリン原作のノンフィクション小説を映画化した感動のドラマ。反アパルトヘイト運動に尽力し、南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラと、同国のラグビー代表チームのキャプテンとの人種を越えた友情を描く。主演は『ダークナイト』のモーガン・フリーマンと、『インフォーマント!』のマット・デイモン。【1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。1995年に自国で開催するラグビー・ワールド・カップに向け、マンデラとチームキャプテンのピナール(マット・デイモン)は、一致団結して前進する。】(Yahoo!映画より抜粋)
■ 監 督・製作 : クリント・イーストウッド
■ キャスト: モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・イーストウッド、ラングレー・カークウッド、ボニー・ヘナ
■ 米 公 開 日 :  2009年12月  
■ 全米週末興行成績 : 初登場3位
■ 米Yahoo!ユーザー: 平均評価 「B+」(1436ratings)
■ 米 各雑誌批評家 : 平均評価 「B+」(13 reviews) 
■ 私の期待度数 : 4 (1<5段階の期待度です。)

米Yahoo!評価はA~Fの6段階。ユーザーと批評家それぞれの平均評価で、A+が最高です。(ストーリーはYahoo!映画より抜粋させてもらいました。)

スポンサーサイト

category: 映画レビュー あ 行

thread: 映画感想 - janre: 映画

cm 0   tb 0   page top

「ラブリーボーン」の感想です。 

1月に公開される映画で、気になる映画をピックアップしています。
1月29日(金)公開の映画「ラブリーボーン」も観る予定です。1月はこれで4本目のピックアップです。殺人の被害者となってしまった14歳の少女が天国へ行くのですが、残された家族の嘆き悲しむ姿を見て、何とか地上に留まって家族を救おうとする。単なる殺人事件の犯人探しだけの、今までのこの手の映画のストーリー展開とはちょっと趣が違う、ファンタジーを取り入れたクライムサスペンスになっているみたいです。ちょっとヘビーな内容かも知れません。



感想を追記しました。 私の評価は≫採点表 イライラ度≫採点表

しっかりネタバレしていますので、これから観る方は読まない方が良いと思います(^.^)。
この映画は、死生観の違いで賛否の別れる映画だと思います。警察捜査の場面が殆ど無い所から見ても犯人探しと復讐劇を中心に描いているのではなく、14歳で殺された主人公のスージー・サーモンと、その家族の再生と癒しの物語に重点が置かれています。あまりない展開だと思いますが、惨殺された被害者のスージーが死後の世界から語り手となり、彼女の視点から話が進んで行きます。

もちろんサスペンス色もあってドキドキする場面も有ったし、スージーの同級生で霊感が鋭く死後のスージーを感じる女の子が居たり、スージーと家族との霊的な交信で犯人へのメッセージを感じさせるシーンもファンタジーのようで見せ場としては色々有ったのですが・・・、結局、最後にそれぞれの登場人物が伏線として繋がらず、”殺人犯としての犯人を逃がしてしまった形 ”になったので、どこかスッキリしない気持ちが残り消化不良の映画となりました。事件の描き方は残虐性がなく良かったですけど・・・。

どうしてこの物語は感動したり共感できないのかなぁと考えてみたら・・・、それは、この物語を家族の愛のファンタジー物語で済ましてしまうには、余りにも残虐すぎる事件で、忌まわしい連続殺人事件なのに、犯人に対して納得の行く正義がなされなかったからだと思います。

終盤になってスージーを惨殺したレイプ殺人犯が、本当はシリアルキラーで何年にも亘り数名の女性を惨殺していたことが観客に示唆されます!そうして見せられた犯罪の重さと、その犯人の罰の与えられ方の軽さのギャップが大きすぎて、前半の展開の面白さがかすんでしまいました。あれだけの罪を犯した殺人犯が偶然の事故で(あれは、失笑もの!)簡単に罰を与えられてしまった事で、あの数名の女性たちの命が軽々しく扱われた気がして嫌な気分になりました。

それにも増して腑に落ちないのが、一応は、最後に犯人が近所の男だったと分かるのですから、その後の犯人の目撃者もいる事だから、いや、あの霊感少女もあの死体遺棄現場に居合わせたんだから(そう言う時の為のキャスティングだと思っていましたから、余計にガッカリな展開でした(-_-メ)・・・)、警察が一帯を聞き込みや調査をすればスージーの遺体の場所は分かる筈。あの猟奇殺人の犯人が捕まる事で(普通過ぎだけど!(^_^;))それぞれの描く世界のバランスが取れて、気が晴れたと思います。

それなのに、遺体をあんな所に置き去りにしたままジ・エンドですか!? 遺族の心の安らぎは、たとえ骨の一片でも(タイトルにもなってるしぃ!(-_-))スージーを取り戻してこそ得られると思うから、あのラストは中途半端すぎて感動も何もない、空虚感しか感じませんでした。キャスティングの設定を、それぞれ伏線と成り得る配置に置きながら(スーザン・サランドンなんてお笑い担当!?意味がない設定だったし・・・。)、誰一人として伏線が繋がらず生かされていなかったのが残念でした。

ちぇっくピーター・ジャクソン監督が、カメオ出演していますよね!これから観る方は要チェックですよ。
カメラ好き!?{/camera/} 2か所で見た気がするけど、予告編にも居ますよね!?{/m_0058/}


「ラブリーボーン」の
「フォトギャラリー」
はコチラです。
■ 「ラブリーボーン」 (英題:THE LOVELY BONES )
■ 日本 公開日: 2010年 1 月 29日(金) (上映時間 2時間 19 分)
■ ストーリー : 14歳で殺されてしまった少女が、残された家族や友人たちが立ち直っていく姿を天国から見守り続けるファンタジックな感動ドラマ。全世界30か国以上で1,000万部以上を売り上げた原作を、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮、『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソンが監督という豪華布陣で映像化。主人公の少女役は、『つぐない』のシアーシャ・ローナン。前代未聞の物語設定と、少女が起こす奇跡に注目。【スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父(マーク・ウォールバーグ)は犯人探しに明け暮れ、母(レイチェル・ワイズ)は愛娘を守れなかった罪悪感に苦しむ。崩壊していく家族の姿を見てスージーは……。】(Yahoo!映画より抜粋)
■ 監 督 : ピーター・ジャクソン
■ キャスト: マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、マイケル・インペリオリ、シアーシャ・ローナン
■ 米 公 開 日 :  2009年12月(限定公開)2010年1月15日(拡大公開)  
■ 全米週末興行成績 : 拡大公開後初登場3位
■ 米Yahoo!ユーザー: 平均評価 「B+」 (2953 ratings)
■ 米 各雑誌批評家 : 平均評価 「 C 」 (11 reviews) 
■ 私の期待度数 : 4 (1<5段階の期待度です。)

米Yahoo!評価はA~Fの6段階。ユーザーと批評家それぞれの平均評価で、A+が最高です。(ストーリーはYahoo!映画より抜粋させてもらいました。)

category: 映画〃や・ら・わ 行

thread: 映画感想 - janre: 映画

cm 0   tb 0   page top

「Dr.パルナサスの鏡」の感想。 

1月に公開される映画で、次に観る予定にしているのが「Dr.パルナサスの鏡」です。私がテリー・ギリアム監督の作品を観たのは、TV放送で「12モンキーズ」を観た位で、映画館で観たのは「ブラザーズ・グリム」だけでした。その「ブラザーズ・グリム」と言えば、ヒース・レジャーとマット・デイモンの共演だったので期待して観たんですけど面白くなかったです。あまり観たいと思う監督さんではないので、本来は期待度は低いのですが、この映画は、ヒース・レジャーの急死でヒースの役の設定が少し変更されて、うまい具合に3人と”共演 ”している展開になっているのを期待して観ます。でも内容は幻想と現実が入り乱れて難解そうですね!?

ちなみに、ヒース・レジャーの死でこの映画の撮影が中断した時に、トム・クルーズが代役を買って出たけど、テリー・ギリアム監督が「ヒース・レジャーを良く知る人物に代役をしてもらいたい」と言う理由で断っていたらしいです。うん、トム・クルーズとファンタジーは合わない気がします。感想は観賞後に書きますので、まずは映画の詳細とプチ評価と予告編をUPしておきます。
                                      
感想を追記しました。 私の評価は≫採点表 イライラ度≫採点表

皆さんご存じの通り、この映画はヒース・レジャーの遺作となってしまいました。私はヒース・レジャーの映画は2000年の「パトリオット」から始まって、今までに4作品位しか観ていないのですが、今後の活躍を注目していた俳優さんでしたから、彼の映画をこれから観れないのが残念です。ヒースの死によって、どうしてもこの映画に対する評価は少し甘めになっているかも知れません。

それでも、やはり映画のオープニングシーンでいきなり「テリー・ギリアムワールドは分からん!」状態になった時に、「これ普通ならパスだったな!」と思いながら、理解しようと観ていましたが何とも陳腐な設定に早くも拒否反応が・・・{/sos/}。まぁ、彼らがこの地球上の世界を動かしていると言う感じだったのか分かりませんが・・・、あのシーンと、そのすぐ後に続くロンドンでのオンボロ馬車での旅芸人一座との流れが分かりにくい!{/ase/} 冒頭の秘境の洞窟のシーンは邪魔で退屈でしかなかったです。

現代のロンドンに場所を移してから、1000歳以上と言う得体のしれないパルナサス博士と、娘ヴァレンティナが橋で首を吊っていた若い男トニーを助けて、トニーが一座に加わってからやっと物語が前に動き出した感が有りました。そこまで我慢して観れたら、あとは、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの演技を楽しむ事が出来ました。ただし、私としてはあまり好きではないコリン・ファレルの出番が一番長く、ジョニー・デップが「パブリック・エネミーズ」の撮影中だったので、1日半しかスケジュールの都合が付かなかったらしく、一番出番が少なかったのが残念でした。

まぁ、誰の出番が多い少ないの不満は置いておいて、この3人の加入によって4人で1人のキャラクターを演じたメリットは大きくて、「鏡」の向こうの不条理な世界を一段と摩訶不思議な怪しい世界に変えていたと思います。怪しいと言えば、あの一座が乗り込んでいたボロ馬車とか、幻想の世界へ誘う「鏡」の現実世界の入口側はCGではなく、いかにも胡散臭そうな手作り感丸出しのまやかし物っぽい雰囲気が漂っていて面白かったです。その鏡の中では、人の欲望の赴くままの世界が映し出され、人生を懸けた選択を迫られるのですが・・・、選択を間違えると悲しい運命が待ち構えていると言う、実は怖い「鏡」なんです。見た目のポップな映像とは裏腹に、実はダークな残酷物語だったんですね。

この映画を観終わって感じたのは、実は、このパルナサス博士と言うのは、本当はテリー・ギリアム監督の分身なんじゃないかと思いました。ギリアム監督は、これまでに映画会社との対立や制作資金難で苦労をされてきたようですね。この映画の公式サイトに載っていた過去のトラブルとしては、★訴訟にまで発展したラストシーン改ざん事件★映画の撮影2日目の洪水で製作中止★配給元からアメリカでの公開を拒否された時は、ニューヨークの通りに立ち、首に「助けてください」などと書いた紙をぶら下げて道行く人に呼びかけたらしい。このエピソードって、映画の終盤のパルナサス博士のシーンとオーバーラップします。人生で選択を迫られた時に、誘惑に負けないで自分の良心に恥じない選択ができれば幸せになれるのかな?それにしてもちょっと哲学的なセンスが要求されそうな映画でした。{/face_ase1/}

ちぇっく本編が終わってエンディングクレジット終了後にヒースが映画の中で使っていた携帯電話の着メロが流れてきました。何とも切なく悲しい演出でした。この着メロは公式サイトでダウンロードできます。



「フォトギャラリー」
はコチラです。
■ 「Dr.パルナサスの鏡」 (英題:THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS )
■ 日本 公開日: 2010年 1 月 23日(土) (上映時間 2 時間 04 分)
■ ストーリー : 悪魔との契約で不死身を望んだ男を取り巻く人々の皮肉な運命を豪華キャストで描く。謎めいた青年役に、これが遺作となった『ダークナイト』のヒース・レジャー。彼の急逝により危機に陥った本作を救ったのは、ジョニー・デップにコリン・ファレル、ジュード・ロウという名優たち。撮影途中の役を彼ら3人が演じ分けた、奇想天外な物語に息をのむ。【 鏡で人々を別世界に誘う見せものが売りの、パルナサス博士(クリストファー・プラマー)の移動式劇場はロンドンで大盛況だった。観客は博士の不思議な力で自分が思い描く、めくるめく世界を体験できるのだが、そこにはある秘密があった。トニー(ヒース・レジャー)はそのアシスタントとして観客を鏡の世界へと導く役目を担っていたが……。】(Yahoo!映画より抜粋)
■ 監督・脚本: テリー・ギリアム
■ キャスト : ヒース・レジャー、ジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウ、クリストファー・プラマー、リリー・コール
■ 米 公 開 日 :  2009年12月25日 (限定公開) 
■ 全米週末興行成績 :
■ 米Yahoo!ユーザー: 平均評価 「 B+ 」 (618 ratings)
■ 米 各雑誌批評家 : 平均評価 「 B- 」 (7 reviews) 
■ 私の期待度数 : 4 (1<5段階の期待度です。)

米Yahoo!評価はA~Fの6段階。ユーザーと批評家それぞれの平均評価で、A+が最高です。(ストーリーはYahoo!映画より抜粋させてもらいました。)


category: 映画レビュー た 行

thread: 映画感想 - janre: 映画

cm 0   tb 0   page top

ヒース・レジャー追悼記念写真集と映画デビュー作DVD発売。 

遺作となったヒース・レジャー主演の映画「Dr.パルナサスの鏡」が2010年1月23日に公開されました。彼が亡くなったのは2008年1月22日でした。そして、映画の公開に合わせて2010年1月22日の命日にはヒース・レジャーの追悼記念写真集が発売されました。写真集と言ってもそれぞれの映画やゆかりの人達との読み物もたくさん載っているようです。

「Dr.パルナサスの鏡」は、鏡によって現実世界と妄想の世界に別れていて、人々を別世界へ誘うファンタジーですが、ヒース・レジャーは現実世界の部分を撮り終えた所で亡くなったらしい。そこで彼の友人のジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの3人が彼の意志を継ぎ、急きょピンチヒッターで3人が三様のヒース・レジャーの代役を演じると言う離れ業をやっています。この映画はそれは、偶然にもと言うか皮肉にもと言うか・・・、ヒース・レジャー+3人で、この映画の完成度をより一層高めたかも知れません。この映画を知れば知るほど、3人が演じ分ける意味が「成るほど!」と理解できると思います。それにしても、生と死を分けた演技者が一つの作品を作り上げた映画と言うのは不思議な感じです。

ヒース・レジャーの遺書は娘さんが生まれる前に書かれたままだったために、娘のマチルダには遺産相続の権利が無くなってしまったと言うのが当時話題になっていました。その為に、ジョニデ、ジュード、コリン・ファレルの3人がこの映画のギャラをヒースの娘マチルダに全額譲渡したと言う話が報道されていました。「マチルダには一生幸せに暮らして欲しい」と言う3人の願いが込められているようです!

ちぇっくヒースが20歳の時の全米デビュー作がなんと、初DVD化されて2010年2月17日(水)に発売&レンタル開始されます。タイトルは『ヒース・レジャーの恋のからさわぎ』。劇中でヒースが「君の瞳に恋してる(Can’t Take My Eyes Off You)」を歌うシーンも有るらしい。ジャンルは学園ラブコメのようです。


ヒース・レジャーの出演作品一覧です。

2009年「Dr.パルナサスの鏡」

2008年「ダークナイト」

2007年「アイム・ノット・ゼア」

2006年「キャンディ」

2005年「カサノバ」

2005年「ブラザーズ・グリム」

2005年「ブロークバック・マウンテン」

2005年「ロード・オブ・ドッグタウン」

2003年「悪霊喰」

2003年「ケリー・ザ・ギャング」

2002年「サハラに舞う羽」

2001年「チョコレート」

2001年「ROCK YOU!」

2000年「パトリオット」

1999年「恋のからさわぎ」

category: 新 作 映 画 情 報

thread: ★おすすめ映画★ - janre: 映画

cm 0   tb 0   page top

フリーエリア

カレンダーと月別ナビ

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。