01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»07

Cinema Chips

映画と海外TVドラマの感想と新作情報、ブログパーツなどを紹介しています。 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

「サロゲート」の感想を追記しました。 

1月に公開される映画で、気になる映画をピックアップしてみました。
まず、観る予定にしているのが、1月22日公開の「サロゲート」です。
アメリカでは昨年の9月に公開されていましたが、コケタみたいでイマイチっぽいですねぇ!
それでも、ブルース・ウィリスに一縷の望みを掛けて観てみます!
まぁ、期待しないで観ますが、それにしても1時間30分弱の映画って、中身が薄そうな予感!?(^_^;)
感想は観賞後に書きますので、まずは映画の詳細とプチ評価と予告編をUPしておきます。

感想を追記しました。 私の評価は≫採点表 イライラ度≫採点表

観てきましたよ。最初に書いたように期待しないで観たので・・・以外にも案外面白かったです{/hearts_pink/}。内容は近未来のロボット社会を描いているSFアクションです。ハリウッドに古くからありがちな”人型ロボット”がテーマで、普通ならB級映画の部類にスッと入れても異論のある人は少ないと思いますけど{/ase/}、ブルース・ウィリスは流石です!彼がB級映画のグレードをUPしていたと思います。1時間29分と言う短い上映時間ですから、込み入った陰謀やトリックが張り巡らされている訳ではないので、サクサクと話が進んで行ったのも、私好みの映画でした。それでいて、「人間の本当の幸せは何か!?」「科学の進歩は人間を幸せにするのか!?」と言う疑問を探究している奥深い作品で、「ターミネーター」ばりのCGの特撮シーンも見応えがあって飽きずに観れました。時々、ブルース・ウィリスがターミネーターのシュワちゃんに見えたりなんかして・・・私は楽しめました。{/face_ase2/}

映画の前半は変なロボットが出てくるSFドラマを観ているような・・・全体にどこか古めかしい雰囲気が漂っていました。サロゲートたちは、VFXを施された最新の映像なのに、どうしてその映像が古そうに感じたのかと考えたら・・・、実際に日常的にデジタルTVのハッキリ・クッキリ映像を見慣れていると、人の顔というのは、シミやシワや毛穴など細かい部分まで画面に映し出されて、それが当たり前になってきます。それなのに、この映画に出てくる人の顔の肌はツルツルで凹凸がなく平面的なんです。

笑顔もどこか凍っている様なマネキンみたいな顔の人ばかり。それが何となく古いアナログ映像でピントが合っていなくて、顔がぼやけて映っているような気分になったんだと思います。どんなに理想的な顔で綺麗な笑顔のサロゲートより、シワが刻まれた生身の人間の顔で現れた人間の方が、その人物の深みが増して現実感が増したのが印象的でした。

この映画のディテールには、説得力のないシーンも有ったり、絶対的な合理性のないシーンも多くツッコミどころ満載で、B級の証みたいな要素がズラリと並んでいます。(例えば、ブルー・ウィリスのカツラ姿なんて違反でしょ!?(苦笑))。でも、前半の冷たく乾いた表情のロボットの世界から、後半の生身のブルース・ウィリスが愛する人たちの為に血と涙を流し熱く戦う姿は、ブルース・ウィリスの真骨頂である捨て身のアクション健在で、愛すべきB級映画として楽しめると思います。{/m_0151/}


「フォトギャラリー」
はコチラです。
■ 「サロゲート」 (英題:Surrogates )
■ 日本 公開日: 2010年 1 月 22日(金) (上映時間 1 時間 29 分)
■ ストーリー : ロボットがすべての社会生活を代行してくれる未来社会を舞台にしたSF・アクション・サスペンス。『ターミネーター3』のジョナサン・モストウがメガホンを取り、人間にとってユートピアのような社会にひそむ巨大な陰謀を描く。 代行ロボット“サロゲート”が活躍する近未来。人間は自宅でサロゲートをリモートコントロールするだけで、リアルな世界に身を置くことはなくなった。ある日、あるサロゲートが襲われ、使用者本人も死亡する事件が起こる。FBI捜査官のグリアー(ブルース・ウィリス)は、サロゲートを開発したVSI社と事件とのかかわりを捜査するが……。(Yahoo!映画より抜粋)
■ 監  督 : ジョナサン・モストウ
■ キャスト : ブルース・ウィリス、ラダ・ミッチェル、ロザムンド・パイク
■ 米 公 開 日 :  2009年9月25日  
■ 全米週末興行成績 : 初登場2位
■ 米Yahoo!ユーザー: 平均評価 「B」 (2841 ratings)
■ 米 各雑誌批評家 : 平均評価 「C+」 (10 reviews) 
■ 私の期待度数 : 3 (1<5段階の期待度です。)

米Yahoo!評価はA~Fの6段階。ユーザーと批評家それぞれの平均評価で、A+が最高です。(ストーリーはYahoo!映画より抜粋させてもらいました。)

category: 映画レビュー さ 行

thread: 映画感想 - janre: 映画

cm 0   tb 0   page top

「スター・ウォーズ」新作を3Dで製作へ!・・・と言う記事が! 

去年、「アバター」の予告編が公開されて話題になりかけた頃に「スター・ウォーズ」の新たな三部作が3Dで作られるかも知れないと言う記事がネットニュースで流れていました。その記事の内容の信ぴょう性が分からなかったのでサラッと読んだだけだったので詳しくは覚えてないけど・・・「ジョージ・ルーカス監督が『アバター』の映像を見て、その完成度に驚いて『スターウォーズ』の3Dでの制作に意欲を示し始めたらしい」と言う内容だったと思います。

ただの噂だと思っていたのですが、今週の1月17日のゴールデングローブ賞の授賞式後に行われたパーティーで、ルーカス監督がインタビューで3Dでの「スターウォーズ」制作に意欲を示したと言う事です。
「スターウォーズ」ファンの私としては嬉しいかぎりですが・・・私はそもそもエピソード1が気に入らなかったので、願わくば、別に3Dでなくても2Dで良いのですがエピソード1と2から作り直して頂きたいと思います(*^^)v!無理ですよね!?(苦笑){/face_ase2/}

2005年6月の「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」を最後にスターウォーズシリーズが完結しました。その後、何度もあとのエピソード7、8、9の新たな3部作の制作がファンの間で噂に上っていましたが、ジョージ・ルーカス監督は完全否定していましたよね!?スターウォーズシリーズのクラシック3部作が終わった後の最初の頃は、ルーカス監督は「スター・ウォーズ」は元々9部作の物語であると明言していたのに、いつの間にか、6部作で終わりだ!って事になっていました。しかし、3D「アバター」の出現で心変わりしてくれたのでしょうか?

早くまた観たいです!「スターウォーズ」!May the Force be with you!
 
   ↓記事抜粋です。
「スター・ウォーズ」新作が3Dで製作へ!G・ルーカスが意欲
3D版「スター・ウォーズ」企画始動か!?ジョージ・ルーカス監督が、「スター・ウォーズ」シリーズの新作を3Dで撮りたい意向を口にした。

ルーカス監督は1月17日、ゴールデングローブ賞の授賞式後に行われたケーブルTV局HBO主催のアフターパーティに出席。米アクセス・ハリウッドの取材に答えて、ジェームズ・キャメロン監督のSF超大作「アバター」(同賞の映画・ドラマ部門作品賞と監督賞受賞)の成功と、同作が証明した3D技術の向上が、「スター・ウォーズ」3D化に向けての大いなる刺激になったことを明かした。

「今まであまり3Dが好きではなかった」というルーカス監督も、「アバター」は絶賛。「同じようなタイプの映画を作る者として、キャメロンがこの作品を完成させるまでに経験した苦労も理解できる」と、同業者の労をねぎらった。そして、「長年、『スター・ウォーズ』の3D化について試行錯誤を重ねてきたが、技術的に未発達な部分が多かった。だが、『アバター』がそれを可能にする新たな推進力となってくれたと思う」と、3D版「スター・ウォーズ」への意欲を示した。

category: 新 作 映 画 情 報

thread: ★おすすめ映画★ - janre: 映画

cm 0   tb 0   page top

「かいじゅうたちのいるところ」の感想です。 

1月に公開される映画で、気になる映画をピックアップしていますが、今週の1月15日(金)公開の「かいじゅうたちのいるところ」と言う映画も要チェックな映画です。私はファンタジー映画も好きなジャンルなので観たいです。

「ナルニア国物語」の映画の感想の時に書いたんですけど、『ナルニア国物語』の原作者と『ロード・オブ・ザ・リング』の原作者は親友で、童話創作にお互い刺激を受け有った仲らしいですが、二人の考え方に
「神秘的な物語は魂の糧となる」という考え方が有って、それが原点となって二人はそれぞれ壮大な妖精の国の物語を創り上げたそうです。

私は、子供たちに地球の大切さや人間の尊厳を守ると言う思いを持たせるために、大自然の神秘性や絶大なカリスマ性を備えた物への畏怖の念を抱かせるのは、すごく大切な事だと思っています。幼い時にどれだけ、そう言う物に触れ合える機会が多いか少ないかで、感情豊かな人間が生まれるかどうか別れると思います。ファンタジーって、すごく想像力をかき立てられる題材だと思うので、この映画が大人も子供も楽しめる映画である事を期待しています。

感想を追記しました。私の評価は≫採点表 イライラ度≫採点表
「アバター」を見た後の今年最初の映画だっただけに、ちょっとチープな着ぐるみのかいじゅうたちが、何とも見劣りしてしまうのですが{/ase/}・・・、『ベンジャミン・バトン』でも使われたCGで表情を合成すると言う手法をとっているそうで、レトロな着ぐるみのかいじゅうとは言え、目や口の動きなどの顔の表現は、CGでばっちり合成されて表情豊かに描かれていました。内容は、家族との些細なトラブルから家出した8歳の少年の内面の成長を、とても大胆かつシンプルに描いています。物語の展開は子供の嫌な場面オンパレードと言う感じで観ている間中、気分が盛り下がり気味のままでした。

ファンタジー色を強く出せばみんな同じ映画になってしまうかと言えばそうではない筈です。あまりの現実感から、少しうんざり気味で早く違う展開になって欲しいと思いながら観ていました。かいじゅうの島の映像はきれいだったし、着ぐるみのそれぞれのかいじゅうたちには懐かしさを感じましたが、いつまでたっても物語に入って行けず途中眠気が来ました(^_^;)。原作の絵本自体に大したエピソードもないようなので、セリフが少なくて行間を感じとらないといけない映画でした。幼い子供たちに、少年とかいじゅうたちとの関係に劇的な変化が起きたり、かいじゅうたちに突然あらわれる凶暴性や肉食性が理解できるのか微妙な感じ!

少年の内心の葛藤を具現的に表現したのが、あのかいじゅうたちだったのでしょうけど、あまりにも大人目線の人間関係の軋轢に置き換えられたストーリー作りになっていて、気持ちがスカッとするような場面がなかった気がします。メルヘンタッチのファンタジーを期待していたので、そこが期待外れでした。一番最後のシーンはサラッと親子の深い絆が描かれていて良かったです。


「フォトギャラリー」
はコチラです。
■ 「かいじゅうたちのいるところ」 (英題:WHERE THE WILD THINGS ARE )
■ 日本 公開日: 2010年 1 月 15日(金) (上映時間 1 時間 41 分)
■ ストーリー : 世界中で愛されている絵本「かいじゅうたちのいるところ」を実写化したファンタジー・アドベンチャー。原作者モーリス・センダックたっての希望により、『マルコヴィッチの穴』『アダプテーション』のスパイク・ジョーンズがメガホンを取る。冒険の旅に出る少年には、子役のマックス・レコーズを抜てき。マックスの母親を『カポーティ』のキャサリン・キーナーが演じる。【ストーリー:いたずら好きなマックス(マックス・レコーズ)はいつものようにママ(キャサリン・キーナー)とケンカして、外に飛び出してしまう。ふと気付くとボートに乗っていたマックスは、海を渡り、ある島にたどり着いていた。島に住んでいる怪獣たちはマックスを見つけ、王様に仕立て上げるが……。】(Yahoo!映画より抜粋)
■ 監督・脚本: スパイク・ジョーンズ
■ キャスト: マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラファロ、ローレン・アンブローズ、クリス・クーパー、他
■ 米 公 開 日 :  2009年10月16日  
■ 全米週末興行成績 : 初登場1位
■ 米Yahoo!ユーザー: 平均評価 「B-」 (5348 ratings)
■ 米 各雑誌批評家 : 平均評価 「B+」 (13 reviews) 
■ 私の期待度数 : 4 (1<5段階の期待度です。)

米Yahoo!評価はA~Fの6段階。ユーザーと批評家それぞれの平均評価で、A+が最高です。(ストーリーはYahoo!映画より抜粋させてもらいました。)


category: 映画レビュー か 行

thread: 映画感想 - janre: 映画

cm 0   tb 0   page top

第67回ゴールデングローブ賞 

第67回ゴールデングローブ賞が米時間 1月17日に発表がありました。
ノミネーションで注目されていた「NINE」と、「ハート・ロッカー」は受賞なしで、
6部門にノミネートされていた「マイレージ、マイライフ」は「脚本賞」だけでした。
映画界を席巻している「アバター」は「作品賞」と「監督賞」の2冠でした。

マーティン・スコセッシ監督が映画界に貢献した人に贈られる「セシル・B・デミル賞」を受賞。
彼の映画には欠かせないレオナルド・ディカプリオとロバート・デ・ニーロがプレゼンターで登場したらしい。

ちょっと驚いたのが「コメディ/ミュージカル部門」の主演男優賞に
ロバート・ダウニー・Jr.が「シャーロック・ホームズ」で受賞しています。
「シャーロック・ホームズ」って「コメディ/ミュージカル部門」な訳ですか?
予告編を見る限りでは、これまでのシャーロック・ホームズとは全然イメージが違う
アクション満載の映画ですけど、コメディータッチな感じなのかな!?

私は、スカパーのAXNで、1月23日(土)に「ゴールデングローブ賞」の放送が有るので、
受賞式の模様をチェックしたいと思います。


第67回ゴールデングローブ賞映画部門の結果
作品賞(ドラマ)
「アバター」
作品賞(コメディ/ミュージカル)「ハングオーバー」
監 督 賞ジェームズ・キャメロン「アバター」
主演男優賞(ドラマ)ジェフ・ブリッジス「クレイジー・ハート(原題)」
主演女優賞(ドラマ)サンドラ・ブロック「しあわせの隠れ場所」
主演男優賞(コメディ/ミュージカル)ロバート・ダウニー・Jr.「シャーロック・ホームズ」
主演女優賞(コメディ/ミュージカル)メリル・ストリープ「ジュリー&ジュリア」
助演男優賞クリストフ・ワルツ「イングロリアス・バスターズ」
助演女優賞モニーク「プレシャス」
アニメーション映画賞「カールじいさんの空飛ぶ家」
外国語映画賞「ホワイト・リボン」
脚 本 賞J・ライトマン&S・ターナー「マイレージ、マイライフ」
作 曲 賞マイケル・ジアッキノ「カールじいさんの空飛ぶ家」
主題歌賞The Weary Kind「クレイジー・ハート(原題)」
セシル・B・デミル賞(名誉賞)マーティン・スコセッシ


ちぇっくアイコン各賞のノミネーション一覧は⇒こちらです。

category: アカデミー賞 / 他  

thread: ★おすすめ映画★ - janre: 映画

cm 0   tb 0   page top

フリーエリア

カレンダーと月別ナビ

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。