04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Cinema Chips

映画と海外TVドラマの感想と新作情報、ブログパーツなどを紹介しています。 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

映画「消されたヘッドライン」の感想です。 

この映画の原作は2003年にイギリスのBBCで放送された全6回のTVシリーズで、英国アカデミー賞などを受賞した大ヒットドラマだそうです。日本でも2008年にNHKのBSで放送されていたらしいけど、うちはスカパーしか加入していないのでこのドラマは知りませんでした。私の大好きな映画「ボーン・アイデンティティー」シリーズ全ての脚本を手がけたトニー・ギルロイさんも参加してライターさんが3人も寄ってたかって練った作品との事なので期待できそうです。予告を見た限りでは巨大組織の闇のスパイラルに立ち向かう新聞記者と言う古典的な構図のサスペンスですが・・・、ちょっと前に観た「ザ・バンク 」にテーマが似てるのかな?

ラッセル・クロウが「ワールド・オブ・ライズ」の役作りで20キロ強の増量ボディーでポッチャリ系おじさんになってしまいましたが、「消されたヘッドライン」の予告編とかで見た感じでは、まだぽっちゃり系を維持しているみたいです!こう言う映画には必ず出てくるタイプの、プライベートはだらしなくて容貌はむさ苦しいけど、仕事はきれいに片付けると言う記者ですね!?(苦笑)それに引き替え、ベン・アフレックは痩せましたね!そのせいか顔の長さがやたらと目立ちます!

最初に書いた様に邦題のタイトルから想像していたのは「国家を揺るがす戦争ビジネスの闇に対して新聞記者が敢然と立ち向かって行く!」と言うような記者魂を魅せ付ける構図だったのですが、観終わった後で感じたのが「事件のスケールが思っていたより小さかった!」って事でした。もっとガンガンに国の中枢を担う議員と軍需産業の癒着にメスを入れる社会派なドラマなのかと思っていたら、暗躍する政治家や戦争ビジネスを糾弾するでもなく、結局は個人のスキャンダラスなゴシップネタの顛末で終わってしまっていたのが残念でした。(でも、途中結構ハラハラして観れましたわ!)

ラストは巨大な暴利を操る軍需産業の闇は放ったらかしのままで尻切れトンボ感が否めなかったです。ガチガチの社会派ドラマとしてではなく、政治スキャンダルドラマとして観たら良かったかもしれませんが!?(この映画も観る前の勝手な思い込み厳禁!な映画でしたわ。(^^ゞ)
この映画の英題が「 STATE OF PLAY 」なので、その意味を辞書検索をしたら主にクリケットの「試合の形勢、スコア」と言う意味で、一般では「競争者間の形勢」の事を指すと載っていましたから、邦題から受けるニュアンスとは違いますね!?(クリケット絡みの言葉と言うのがいかにもイギリス発らしいですけど・・・)全体のストーリー展開は、事件の核心を握る人物の形勢が二転三転しますから、初めからそう言う意味合いで考えたら内容を見誤ることはなかったですね!

それから、見応えが有ったのがやはり敏腕記者カル役のラッセル・クロウですね!酸いも甘いも知り尽くしたブン屋と言う言葉がピッタリ似合うベテラン記者がハマってましたわ!ただ、ベン・アフレックとの絡みの場面では、二人のバランスは良くなかったような感じがしました。その反面、女性の新米記者デラとのコンビが、お手軽な恋愛に走らなくて(ラッセルがデブキャラから抜けきれず可憐な彼女と似合わなさ過ぎて断念したとか?)、
若輩者をちょっと突き放しながらも一人前にしていく男同士の師弟関係を描いてるようなパターンの映画が有りますけど、この二人の関係は男女でそう言う師弟関係の絆が出来上がっていたのが面白い展開でした。

普通のサスペンス映画では、主役と言うだけで凶暴な悪人でも対等以上に闘って危機を脱出するシーンは良く有りますね。この映画の見せ場であるカルがスナイパーと対峙するシーンでは、ちょっと違った描き方に感じたのが、記者であるカルを勇猛果敢に難なく事件を解決するスーパーヒーローに仕立て上げず、恐怖に慄き逃げの一手で難を逃れさせていたのも緊迫感と恐怖感が伝わってきて良かったです。この辺はサスペンスとして面白かった所でした。最後に残念賞を言うなら・・・、ヘレン・ミレンでしょうか!?ヒステリックな指示を出していただけと言う印象が残っていて、新聞社の編集長と言う威厳は感じなかったです。

  • 私の採点≫採点表4個か迷ったけど結局、星3.5個です!


  • 写真
    写真
    写真
    写真
    写真
    「消されたヘッドライン」 (5月22日(金)公開)
  • 上映時間≫ 2時間 13分

  • 製作年:製作国≫ 2009年4月 : アメリカ

  • 英題≫「 STATE OF PLAY 」

  • 監督≫ケヴィン・マクドナルド


  • 出演≫ラッセル・クロウ / ベン・アフレック / レイチェル・マクアダムス / ヘレン・ミレン / ジェイソン・ベイトマン 他



  • ストーリー≫『ラストキング・オブ・スコットランド』のケヴィン・マクドナルド監督が映画化した政治サスペンス。【ワシントン・グローブ紙は国会議員と亡くなったある女性のスキャンダルとは別に、同じ日に起きたもう一つの殺人事件との奇妙な関連性を発見する。敏腕記者カル(ラッセル・クロウ)は、編集長(ヘレン・ミレン)に渦中のコリンズ議員(ベン・アフレック)と接触するよう言われる。やがて彼の調査は思わぬ事件の真相に迫っていき……。】(Yahoo! 映画より抜粋)



  • トリビア≫劇中で不倫を暴露されたスティーヴンが記者会見を行った時の観客席には、実際にウォータ-ゲート事件をスクープして、後に「大統領の陰謀」と言う映画のモデルとなった実在の記者やCBS、ワシントン・ポスト他の著名なジャーナリストたちがエキストラ出演していたらしい。エンドロールの輪転機の印刷シーンは、本物のワシントン・ポストの輪転機で「ワシントン・グローブ紙」を印刷して貰ったそうです。



  • ランキング≫全米興行成績は初登場 2 位

  • 米Yahoo!ユーザー6段階平均評価 「 B+ 」

  • 米Yahoo!批評家6段階平均評価 「 B- 」


  • 人気ブログランキングへ人気ブログランキングサイトへ






    スポンサーサイト

    category: 映画レビュー か 行

    thread: 映画感想 - janre: 映画

    cm 0   tb 0   page top

    「天使と悪魔」の感想です。 

    この映画は、2006年5月に公開された「ダ・ヴィンチ・コード」の続編と言うふれ込みで公開されていますが、別にストーリーが繋がっている訳ではないので前作の復習をしていないと理解できないと言う事もないです。前作の「ダ・ヴィンチ・コード」の場合は、宗教用語や謎解きの部分が多く出てきたので原作本を読んでいない人には分かり辛い内容だったと思います。その反省を踏まえてなのか?この「天使と悪魔」の場合は、一見さんお断りの看板を下ろした感じで分かりやすかったと思います。(^_^;) 

    でも、バチカンに反旗を翻した秘密結社「イルミナティ」と言う組織が存在することや、核爆弾以上の爆破エネルギーを生み出す「反物質」と言う化学物質の存在と、ローマ教皇が崩御した場合、世界中から高貴な聖職者がバチカンに集まり、次期ローマ教皇を選ぶために「コンクラーベ」と言う教皇選挙が行われる・・・と言う3点は抑えて置いた方が分かりやすいですね。

    この映画は宗教映画的な要素はもちろん強いですが、今回は宗教の陰湿な影の部分は薄まっていて観やすかったと思います。ただ、観る側が原作本を読んでいなくても分かりやすくするために纏め過ぎた感が有って・・・謎解きの部分の「謎」の部分が分かり難くてラングドン教授の独壇場で終わらせすぎでした。余りにも簡単にパパッと閃いて一人で解決していくので、私は、何をどうやって解釈して解決に導いたのか分からないまま、ラングドン教授の走る後姿をただひたすら追いかけていたのでした!(苦笑)余りにも淡々とした謎解きのため、私が宗教に興味がないと言うのもあって、セリフだけの展開が多かった前半までに2回位睡魔がやってきて一瞬だけ寝てしまいました! (私が前半でウトウトしていた部分が有ったから謎が分かり難かったのか!?

    前作の「ダ・ヴィンチ・コード」の時の「ラングドン教授」役のトム・ハンクスはイマイチな髪形だったし、キーパーソンとなる神秘的であるべき女性「ソフィ」役のオドレイ・トトゥがミスキャストだと感じたし、 狂信的な信者で殺人者「シラス」役のポール・ベタニーの余りにも痛い演技に(下手と言う意味じゃなく、ホントに身体を痛めつけるのでね、そこが痛いの・・・)引いちゃったし!フランスの警察官「ファーシュ」役のジャン・レノが普通なら有り得ない殺人容疑をラングドン教授にかけて執拗に追いかけ回すのが理不尽で滑稽にさえ思えてイライラしたし! ってことで「ダ・ヴィンチ・コード」は不満が蓄積するタイプの映画でした。

    この「天使と悪魔」では、トム・ハンクスの髪形はスッキリして良くなっていて、ストーリーの冒頭から警察がラングドン教授に捜査協力を要請してきたのも納得して観れたし、相手役のイスラエル出身の女優さんアイェレット・ゾラーは存在感が有って科学者然としていて似合っていたし、ユアン・マクレガーはチョイ役の筈がないのでドンデン返しが有るぞぉ!って思っていたらきっちり有って・・・フムフムだし!{/face_ase2/} 最後にちょっとしたスぺクタルも見れたし!前作よりも謎解きのプロセスを観る面白さは消えていたけど、その分単純に面白く観れたと思います。謎を深くすればどうしても難解になってしまうんでしょうかね!?次回作も有るらしいので、次は謎解きのプロセスをもっと丁寧に見せて単純に楽しませて欲しいです! (欲張り!?)

    主演のトム・ハンクスとアイェレット・ゾラー、ロン・ハワード監督とプロデューサー のブライアン・グレイザーが5月7日に来日した時のジャパン・プレミアでの公式映像が↓YouTubeで公開されていました。
    映画の配給会社とYouTubeがコラボしてるんですね!



    写真
    写真
    写真
    写真
    写真
    「天使と悪魔」 (5月15日(金)世界同時公開)
  • 上映時間≫ 2時間 18分

  • 製作年:製作国≫ 2009年5月15日 : アメリカ

  • 英題≫「 ANGELS & DEMONS 」

  • 監督≫ロン・ハワード

  • 出演≫トム・ハンクス / ユアン・マクレガー / アイェレット・ゾラー / ステラン・スカルスガルド / コジモ・ファスコ 他


  • ストーリー≫「ダ・ヴィンチ・コード」の続編となる歴史犯罪ミステリー。秘密結社・イルミナティによるヴァチカンへの復讐を阻止するべく、ガリレオの暗号コードに挑む宗教象徴学者・ラングドンの活躍を描く。【宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は、秘密結社・イルミナティの復活を探るべくローマへ旅立つ。17世紀、ヴァチカンの科学者への弾圧の陰で結成されたイルミナティが、今にも教皇候補の暗殺を計画しているという。ラングドンと科学者ヴィットリア(アイェレット・ゾラー)は、ガリレオの暗号コードの解明に乗り出すが……。】(Yahoo! 映画より抜粋)


  • 来日情報≫5月7日(木)主演のトム・ハンクスとアイェレット・ゾラー、ロン・ハワード監督とプロデューサー のブライアン・グレイザーが揃って来日会見をして、総額2億円をかけたジャパン・プレミアを開催。次の8日に、{/m_0022/} 東京ドームで行われた巨人対中日戦の始球式にトム・ハンクスが登場。捕手を務めたのがロン・ハワード監督と言う豪華版!試合前には原監督と会談したらしい。ちなみに巨人が10対4で勝利。{/angry/}


  • ランキング≫全米興行成績は初登場 1 位

  • 米Yahoo!ユーザー6段階平均評価 「 B 」

  • 米Yahoo!批評家6段階平均評価 「 C+ 」


  • 人気ブログランキングへ人気ブログランキングサイトへ






    category: 映画レビュー た 行

    thread: 映画感想 - janre: 映画

    cm 0   tb 0   page top

    映画「地球が制止する日」の感想です。DVDリリース。 

    映画「地球が制止する日」のDVDが5月2日にリリースされました。この映画は1951年に公開された「地球の制止する日」と言う同名タイトル映画のリメイクだそうです。そのオリジナルでは「宇宙人が平和の使者として、戦争を続ける人類を核戦争へと行きつく前に和解させ、地球に平和を取り戻す」いう内容だったらしい。今回の宇宙人は、人類の環境破壊に対して怒っているらしい!何故に遠く離れた縁もゆかりもない宇宙人が地球の為に一肌脱ぎにやって来たの!?って感じですが・・・(^_^;) それに何十年も前に宇宙人のエージェントを地球に送り込んでいて、人間として生活させて、どれ程人類が地球を破壊しつくしているかを観察していたらしい!(~_~メ) 

    その宇宙人エージェントの最終報告を聞く為にクラトウ(キアヌ・リーブス)が宇宙からやって来たと言うのですが・・・でも、ホントに笑っちゃったのが・・・マクドナルドみたいなファストフード店の中で、たった一人の中国系のおじさんエージェントからクラトウが人類の存亡を決める報告を受けただけで「人類はもうダメだから地球を破壊する!」と決めてしまった事です。それって簡単すぎるでしょ!67億人の人間と、その他大勢の動植物などの命が宿る地球を破壊する決定を下すと言う大切なシーンなのに、一人の中国系のおじさんに聞いて終わり!って・・・余りにもシチュエーションが陳腐で強引な設定!

    やはりそこは、地球に送り込まれていた大勢の宇宙人エージェントたちが地球規模の仕事をしながら観察して、密かに全世界の事情に精通していそうな団体を作っていて、そこの宇宙人の所長さんとかに現状を聞いて、その結果、地球の存亡を決めると言う感じの・・・それらしい高いレベルでのやり取りで決めて欲しかった!(苦笑)その辺の一連のシーンは私の中では軽く爆笑でしたわ!(他のお客さんの手前、クスッとしか笑えませんでしたけどね!(*^_^*))(苦笑)おまけに地球の一大事だと言うのに、大統領は一切出てこなくて、ただの噂好きのおばさんにしか見えないキャシー・ベイツが演じる国防長官が最後まで最高責任者で自分勝手な指揮を取っていたのもおかしすぎるし!

    クラトゥが、人類滅亡を諦めて帰って行く決意をするエピソードも説得力のかけらもない陳腐な話でした。あんなエピソードは地球上に溢れているし、あんな事以上の感動秘話はもっとざらに有ることでしょ。地球に送り込まれていた宇宙人エージェントの観察報告書に有ったはず!(爆)最も納得のいかなかったのは、宇宙人達の住む星もかつては環境破壊をしてしまい取り返しのつかない所まで行ったのを努力で再生させたと言うのですよ。ならば、この地球も再生のチャンスが与えられても良い筈だし、数十倍もテクノロジーが進んでいる宇宙人の再生ノウハウを教えてくれたら美しい地球に生まれ返らせられるでしょう!?

    宇宙人の目的が地球を侵略して自分達の星にするためだと言うのなら、人類を抹殺すると言う理屈は納得できるのですが、地球と言う星を救う為に問答無用で人類を抹殺しようとするのは考えにくいです。高度な文明や科学技術がある程度発展している人類なんだから説明されれば理解できるし変えられますよ。やればできる子なんですから!そんな事は人類以上の発展を遂げている宇宙人には安易に分かる筈。こんな単純な理屈が合わないシナリオを見せられると「私の思考が制止する」のですよ!

  • 私の採点≫採点表前半30分は良かったので星2個です!


  • 「地球が制止する日」
    「地球が制止する日」
    「地球が制止する日」
    「地球が制止する日」
    「地球が制止する日」
    「地球が制止する日」 (12月19日(金)公開)

  • 上映時間≫ 1時間50分


  • 製作年:製作国≫ 2008年12月 : アメリカ


  • 英題≫「 THE DAY THE EARTH STOOD STILL 」


  • 監督≫スコット・デリクソン


  • 出演≫キアヌ・リーヴス / ジェニファー・コネリー / キャシー・ベイツ / ジョン・クリーズ / ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス / ジョン・ハム / アーロン・ダグラス 他


  • ストーリー≫任務遂行のために地球へとやってきた、宇宙からの使者クラトゥ(キアヌ・リーヴス)。クラトゥの謎を解き明かすべく政府や科学者はやっきになる中、今訪れんとする危機に気付いたのはヘレン(ジェニファー・コネリー)と息子(ジェイデン・スミス)だけだった。】
    (Yahoo! 映画より抜粋)


  • 来日情報≫12月17日、グランド ハイアット 東京にて来日記者会見。主演のキアヌ・リーヴス他、ジェニファー・コネリー、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、スコット・デリクソン監督が揃って来日。


  • ランキング≫全米興行成績は初登場2位


  • 米Yahoo!ユーザー6段階平均評価 「C+ 」


  • 米Yahoo!批評家6段階平均評価 「C-」

  • 人気ブログランキングへ人気ブログランキングサイトへ






    category: 映画レビュー た 行

    thread: 映画感想 - janre: 映画

    cm 0   tb 0   page top

    映画「ワールド・オブ・ライズ」の感想です。DVDリリース 

    レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウが共演した映画「ワールド・オブ・ライズ」のDVDとブルーレイが4月29日にリリースされました。この映画は2008年12月の公開でした。私は劇場公開時に観ましたが、私の好きな監督さんのリドリー・スコット監督の作品でもあり、アクション映画好きですから面白かったです。ディカプリを評する時に必ずと言って良いほど「童顔が邪魔!」って言ってしまうんですけど、最近のこの手のハードなアクション映画は中々さまになってると思います。

    この映画のディカプリも「ディパーテッド」のように二つの世界の狭間で苦闘すると言う役柄です。中東のテロ組織と現地の諜報機関とCIAとが絡み合って、そこで現場で活躍する工作員や情報屋の虚々実々の情報戦が始まります。派手な爆破シーンあり、リアリティーを感じさせる戦争アイテムあり、テンポの良いアクションシーンありと、おまけに社会派なテーマを加えたドラマ性も十分楽しめるエンターテイメント映画です。ただし、拷問シーンなんかもあるのでちょっとハードな内容でもあります。

    デスクワークに徹した安全地帯から冷徹な指示を出すベテランCIAの上司と言う役作りのために20キロも体重を増やしてこの役に臨んだと言うラッセル・クロウのお気楽CIAの上司っぷりと、そんなお気楽な上司にキレながらも緊迫の現場で命を懸けてテロリストの爆破犯を追うディカプリの一匹狼的なスパイ役との掛け合いが不思議な構図でしたけど!?あれって、実際は違いますよね!?(苦笑){/face_ase2/} ハイテクに頼り過ぎるアメリカの作戦とローテクでまんまと裏をかいくぐるテロリストの駆け引きも面白いです。

    この映画の見所の一つは空撮映像です。中東の紛争地帯の市街地や砂漠の真ん中にあるテロ組織のアジトなどの映像は上空に無人偵察機を飛ばして、遠く離れた安全なCIA本部からパソコンの画像で把握できてしまいます。そしてケータイや通信衛星・・・etc、いろんなハイテク機器を駆使して、その画像を見ながら「あの建物や、あの車列や、あの群衆・・・」と言う様にピンスポットで現地のCIAの工作員に指示を出すと言う、まるでTVゲームでも観ているような錯覚を起こしてしまいそうな映像でした。

    そう言えば、わたしんちのパソコンからでもグーグルマップで世界中の街並みがリアルタイムでは無いとは言ってもバッチリ見えるし、北朝鮮の軍事基地さえ見えます。ストリートビューで住所を検索して覗いたら、単に街並どころかマンションに干してある洗濯物や駐車場に止めてある車のナンバーまで見えちゃって、隣に飲料水の自販機有るやん!ってとこまで見えてしまうし、路地を回り込んで裏側も見えてしまう!{/face_ase2/}こう言う世界になってるって分かっているから、あの無人偵察機からの映像で本部から指令を出して工作員を動かすって言うのが、マンガチックではなく、めっちゃリアリティー感があって恐い世界に思えましたわ!

    ラストシーンでディカプリが演じるロジャー・フェリスが下した決断は、アメリカの掲げる正義や大義は誰の為のものなのか、アメリカが世界に押し付ける価値観や理想や秩序がすべて正しいのかを問いかけているように思いました。

  • 私の採点≫採点表星4個です!



  • ワールド・オブ・ライズ
    ワールド・オブ・ライズ
    ワールド・オブ・ライズ
    ワールド・オブ・ライズ
    「ワールド・オブ・ライズ」
    (2008年12月20日公開)

  • 上映時間≫ 2時間 8分

  • 製作年:製作国≫2008年10月 :アメリカ

  • 英題≫「 Body of Lies 」

  • 監督≫リドリー・スコット

  • 出演≫レオナルド・ディカプリオ(ロジャー・フェリス役) / ラッセル・クロウ(エド・ホフマン役) / マーク・ストロング (ハニ・サラーム役)/ ゴルシフテ・ファラハニ / オスカー・アイザック / サイモン・マクバーニー 他


  • ストーリー≫CIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマ。ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デヴィッド・イグネイシャスの原作を『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・スコット監督が映像化。【ヨルダンを拠点に大規模なテロを計画する首謀者の手がかりを得たロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は組織に潜入しようと試みる。そのためには狡猾なCIAのベテラン、エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)らの協力が必要だった。味方とはいえ過信ができない不安定な状態の中、潜入作戦実行の期限が迫る…。】(Yahoo!映画より)


  • ランキング≫全米興行成績は初登場3位


  • 米Yahoo!ユーザー6段階平均評価 「 B 」

  • 米Yahoo!批評家6段階平均評価 「 B- 」

  • 人気ブログランキングへ人気ブログランキングサイトへ






    category: 映画〃や・ら・わ 行

    thread: 映画感想 - janre: 映画

    cm 0   tb 0   page top

    フリーエリア

    カレンダーと月別ナビ

    最近の記事

    カテゴリー

    最近のトラックバック

    最近のコメント

    月別アーカイブ

    ブログ内検索

    FC2カウンター

    QRコード

    RSSフィード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。