10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Cinema Chips

映画と海外TVドラマの感想と新作情報、ブログパーツなどを紹介しています。 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

映画「アイ・アム・ナンバー4」 

映画「アイ・アム・ナンバー4」の感想です。この映画はハリウッドお得意の普通の高校生が実は驚くべき超能力を持っていたと言う超能力ヒーロー学園ものです。しかし、今までのヒーローものとちょっと変わっているのが、この映画のヒーローは異星人、エイリアンだったと言う所です。この映画はツッコミどころ満載のB級と言えばB級だし、お手軽、安直、幼稚、稚拙、・・・などなど、マイナーな言葉が次々に浮かんできます。本当に、お手軽なストーリーで、安直な学園もので、幼稚なロジックで、かゆいところに手が届かないモドカシサ・・・みたいなものが全編を通して感じました。巻き寿司の両端を残して真ん中だけ食べたような・・・、どこか中途半端さが拭えませんでしたわ(苦笑)。でも以外と、結構、楽しめる映画ではありましたよ。 

この映画の事をけなしている割に評価も3.5と高めだし、何だかすっごく矛盾しているような感想ですが、その理由は一重に、主役が嫌みのないイケメンだったのと、相手役のヒロインが、わたしの好きな海外ドラマ「GLEE」にクイン役で出演しているダイアナ・アグロンと言う女優さんが出演していたと言うのもあります。海外ドラマでいつも見ていたクインが、どう言うお芝居をするのかも楽しみに見ていました。でも、やっぱりこの女優さんは顔は可愛いけど、演技はテレビサイズのままでイマイチだし、アクションもできないんですよね。私が思うに・・・彼女は「GLEE」での爆発的な人気がなかったら、この映画出演はなかったと思います。別に嫌いなタイプの女優さんではないけど、演技もそうだけど、存在自体がちょっと薄いのでテレビ向きだと思う!(~_~メ) 

そこで、物語が中盤になった頃に、主演コンビが顔が良いだけではやはりすぐに観客も飽きるだろうと言う事で、顔もアクションもド派手なサブキャストの女優さんが突然参戦してきました!これでまた後半も盛り返して見れるようになりましたけどね。(^^ゞ 私が、この映画がなぜ、かゆいところに手が届かないモドカシサみたいなものを感じるかと言うと、まず、侵略者から逃れる9人の子供たちがどう言う理由で選抜されて地球に来て、何で主人公がナンバー1じゃなくて"ナンバー4"なの?って言う疑問が湧いてきます。そして、そのナンバー4を助けに来た同じ異星人の女性がナンバー6なんですよ!メッチャ強いんですけど!ナンバー5は、この映画では出て来なかったけど・・・どうしたの?その答えはこの映画では示されていません。う~ん、かゆいところに手が届かない!

映画のラストも続編有りきで終わっているし、途中のセリフで、「9人の内の4番目と9番目が特別な力を持っている」とか言っていましたから、次回作でナンバー5とナンバー9も出てくる?何かあまり大ヒットには至らなかったらしいけど、私はこう言う映画は嫌いではないので、続編できたら期待しないで観に行きます!

私の評価は5点満点中の3.5点です ≫ イライラ度は3です
ltmltmltm

 「アイ・アム・ナンバー4」 (英題:I AM NUMBER FOUR )
日本 公開日: 2011年 07 月 08日(金) (上映時間 1時間 50分)
監  督 : D・J・カルーソー
製  作 : マイケル・ベイ
キャスト : アレックス・ペティファー / ティモシー・オリファント / テリーサ・パーマー / ダイアナ・アグロン / カラン・マッコーリフ / ケヴィン・デュランド 他
米 公 開 日 :  2010年 02月 18日  
全米週末興行成績 : 初登場2位
米Yahoo!ユーザー: 平均評価 「A-」(3306 ratings)
米 各雑誌批評家 : 平均評価 「C-」(10 reviews) 
 (米Yahoo!評価は、A+が最高です。)
解説 byYahoo!映画 : 特殊能力を有する9人の選ばれし若者の4番目の男が自身の過酷な運命に立ち向かうため、残りの仲間たちを探して見えざる敵との死闘に身を投じるサスペンス・アクション。『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイが製作、『イーグル・アイ』のD・J・カルーソーが監督を務め、『アレックス・ライダー』のアレックス・ペティファーが特殊能力に覚醒(かくせい)する主人公を好演。若者たちの潜在能力を視覚化したイマジネーション豊かな映像世界に圧倒される。
ストーリー : 潜在的な特殊能力を有する9人の“選ばれし若者”たちが、自分の能力や運命が与えた使命さえ知らぬまま何者かに命を狙われ続け、孤独な日々を送っていた。あるとき、彼らの中の3人が殺され、“ナンバー4”の力が覚醒(かくせい)。ジョン・スミス(アレックス・ペティファー)という偽名でアメリカの片田舎に暮らす彼は敵から逃げることをやめ、戦う決意を固めるが……。
スポンサーサイト

category: 映画レビュー あ 行

thread: 映画レビュー - janre: 映画

cm 0   tb 0   page top

映画「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 

この映画はこれまで公開されていた「X-MEN」シリーズ3作品のスピンオフとして、X-MENの草創期を描いた映画です。でも、今まで一度もX-MENシリーズを観ていない人が、「この映画がX-MENの草創期だから初めにこの映画から見ればいいのか!?」と思って観たら、余り説明セリフの少なさに戸惑うと思います。普通は1作目と言うのは、登場人物のパーソナルな情報や相関関係などが描かれていますが、この映画の場合、そう言うのは過去のシリーズ3作品で出ているので深くは描かれていません。「X-MEN」と言う映画はシリーズを通して人種差別やマイノリティーに対する偏見と排斥が一つのテーマになっています。そして、そこがアメコミながら、単なる善と悪の戦いの構図だけに終わっていないので物語の中に引きこまれます。

過去のシリーズ3作品では、同じミュータントで有りながら常に敵・味方に別れて闘っていたX-MEN軍団と悪のミュータント軍団。この「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」では、どうして二組のミュータント軍団が出来たのかを描いています。X-MENの創設者プロフェッサーXとなる若き日のチャールズと、人類滅亡を企む悪のミュータント軍団を率いるマグニートーとなる若き日のエリック。チャールズが理想とするミュータントと人間の共生を目指す社会を作る為に若いミュータントたちを教育して行くのですが、共に同じ道を目指していた筈のエリックが、過去の辛い経験から人間社会への不信と憎悪を膨らませてしまった事によってX-MENは分裂してしまいます。本当に最初からの二人の友情から決別に至る経緯が描かれているのでシリーズを通して観ていた人にとってはすごく面白く観れると思います。

今年は大作系の映画が次々に公開されている年なのに・・・、3・11以降、ハリウッドスターが誰もプロモーションで来日していませんね。まぁ、事情が事情だけに仕方がないけど。・・・だから、何かイマイチ映画が盛り上がりに欠けて、あの映画がいつの間にか公開されていたんだと気が付くような感じです。映画ファンとしては、これだけハリウッドスターの来日の無い映画のプレミアと言うのは寂しい限りです。X-MENも誰も来日されませんでしたが、チャールズとエリックが劇中で着用した戦闘服だけが公開記念で緊急来日したらしい。幾ら2着で約50万円とは言え、洋服だけが来日って!?・・・それって来日って言うのか!?(^_^;) それから、この映画のどこかでヒュー・ジャックマンがカメオ出演していましたよ!

私の評価は5点満点中の3.5点です ≫  イライラ度は0です
ltmltmltm
 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 (英題:X-MEN: FIRST CLASS )
日本 公開日: 2011年 06 月 11日(土) (上映時間 2時間 11分)
監督・脚本: マシュー・ヴォーン
キャスト : ジェームズ・マカヴォイ / マイケル・ファスベンダー / ローズ・バーン /
ジャニュアリー・ジョーンズ / オリヴァー・プラット / ケヴィン・ベーコン 他
米 公 開 日 :  2011年 06月  
全米週末興行成績 : 初登場1位
米 各雑誌批評家 : 平均評価 「 B 」(12 reviews)
米Yahoo!ユーザー: 平均評価 「A-」(2393 ratings) 
 (米Yahoo!評価は、A+が最高です。)
解説 byYahoo!映画 : 遺伝子の突然変異で超人的パワーが覚せいしたミュータントの苦悩と冒険を描いたSFアクションムービー。今作では、X-MENの起源に焦点を絞り、ミュータント第一世代のドラマを壮絶なVFXアクションと衝撃のストーリーで活写する。『キック・アス』のマシュー・ヴォーンが監督を務めるほか、シリーズの立役者ブライアン・シンガーが製作として本作に復帰。『ウォンテッド』のジェームズ・マカヴォイ、『イングロリアス・バスターズ』のマイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ケヴィン・ベーコンら実力派キャストの激闘に注目。
ストーリー : 裕福な家に生まれ、名門大学に通うチャールズ(ジェームズ・マカヴォイ)は強力なテレパシーを使うことができるミュータントだったが、自分と同じような能力を持つ者の存在に気付き始めていた。やがて強力な磁力を発生させ、金属を自在に操ることのできるエリック(マイケル・ファスベンダー)と出会う。彼らは親友となり、自分たちと同じような若者たちを探し始めるが……。

category: 映画レビュー あ 行

thread: 映画レビュー - janre: 映画

cm 0   tb 0   page top

フリーエリア

カレンダーと月別ナビ

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。