06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Cinema Chips

映画と海外TVドラマの感想と新作情報、ブログパーツなどを紹介しています。 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

海外ドラマ 「アンフォゲッタブル」 がケーブル局で復活! 

海外ドラマ!のニュース記事を原文転載しています。


『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査』復活!
2015年02月10日付記事転載

『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査』米CBSが製作し、過去に2度打ち切りとなった犯罪ミステリードラマ『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査』。2014年9月で終了した本番組を、米ケーブル局のA&Eが復活させると発表した。

『アンフォゲッタブル~』は、一度見たものはどんな些細なことでも記憶してしまう"超記憶症候群"の女刑事キャリー(ポピー・モンゴメリー)が、その記憶力を駆使し数々の事件を捜査するという斬新な犯罪ドラマ。シーズン1終了後、一度打ち切りが決定しながらも復活を遂げ、シーズン3まで放映されたが、視聴率が低迷。CBSが再度打ち切りを決定したため、シーズン3の最終話がシリーズフィナーレとなっていた。

米TV Guideによると、A&Eは『アンフォゲッタブル~』のシーズン4として、13話を製作するという。前シーズンからのストーリー展開がどうなるのか、またキャスティングがどうなるのかなど、気になる詳細はまだ明らかになっていない。



何か、今更復活しても!?と言う気になりますが・・・。(*^_^*)
スポンサーサイト

category: その他の海外ドラマ

cm 0   tb 0   page top

海外ドラマ「SUITS / スーツ」第 7 話「インサイダー取引の謎」(原題:Tricks of the Trade)の感想です。 



◇第 7 話 「 インサイダー取引の謎 」 ↓ストーリーはユニバーサル公式サイトより転載させて頂きました。
ハーヴィーが法律顧問を務めるモレロ・アセットマネジメント社のトレーダー、ギャビー・ストーンに、インサイダー取引の疑いがかけられた。問題の取引当日に会社から支給された予想表が自分のものだけ他と違っていたと訴えるギャビー。ハーヴィーはモレロ社から過去の予想表や取引情報も手に入れようとするが、モレロ社のナンバー2であるキンブルからウソの情報を渡される。マイクが持ち前のワザを生かし、モレロ社のトレーダーたちから本当の取引情報を入手。

一方、LSATの試験で苦戦するレイチェルは友人のテレサが替え玉を使って高得点を取ったという話を聞き、依頼先がマイクと知らず、人づてに依頼をしてしまう。



今週の「SUITS / スーツ」第7話は、インサイダー取引の疑いをかけられた女性の話です。ハーヴィーの顧客のモレロ社にインサイダー取引の疑いが浮上して司法省の捜査が入った。会社側は、担当トレーダーのキャビンが独断で行った事として、キャビンに罪を認めて司法省と取引に応じるように促す。ハーヴィーが検事局の昔の同僚に頼みこんで司法取引を纏めた。キャビンは、自分の無実を誰も信じてくれず、闘う力もない弱い立場で有る事を自覚して、これ以上闘っても無駄だと諦めて取引に応じる。そして、司法取引の事務手続きを行い、司法省にキャビンを引き渡す直前になって、事務所からキャビンが姿を消してしまう。

ハーヴィーとマイクがキャビンが忘れて行ったケイタイを頼りに探していると、モレロ社に居る事が分かり二人で向かう。会社で見付けたキャビンは、「自分だけ、製薬会社の名が載った予想表を会社から支給された。」と言って、廃棄処分を待つたくさんの資料の中から、その用紙を探していた。その用紙が見つかれば無実が証明されるはずだと訴える。その必死さから、ハーヴィーも会社を疑い始めて、もし、真犯人が他に居るなら見過ごせないと、モレロ社に探りを入れる。ハーヴィーは、過去1年分の予想表と実際に行われた取引の資料を提出させて照合しようとするが、会社が持ってきた資料は偽物で使い物にならないと見抜き独自で調査をする。そこで、キャビンの弁護士がモレロ社のバートの代理人をしていたことが有り、今も他社の内部情報を流してインサイダー取引の手助けをしていた事を突き止める。これで冤罪だったキャビンは無罪放免となり一件落着。

しかし、マイクには一見落着とはいかない、やっかいな秘密が有りましたが、今回もマイクの秘密があぶり出されそうになりました。マイクのいる弁護士事務所にハーバード2年生のテレサと言う女性がレイチェルと談笑しながら歩いて来たのを見て、マイクは咄嗟に顔を見られないようにしました。何と、テレサは、マイクがロースクールの統一テストで替え玉受験をした人物だったのです。マイクが後で、レイチェルにテレサがどうしてココに来たのか聞くと、レイチェルとテレサは友達同士だと言う事と、今はインターンの面接中で将来弁護士としてココで働くかも!?と言われ、真っ青になるマイク!

レイチェル自身も弱点が有って、実力は普通の弁護士以上に有るのに、試験が苦手で不合格ばかり続いていたので、もう司法試験は諦めていた。しかし、テレサと会った時に、テレサも試験が苦手だったのに、どうやって攻略したのかを聞いた。すると、テレサは言い難そうに「替え玉受験をしてくれる人が居ると言うウワサを聞いて、依頼したら1000ドルで受けてくれた。」「私たちパラリーガルよりバカな弁護士も居る。パラリーガル止まりなんて嫌だった。」と言った。複雑な心境のレイチェル。・・・が、誘惑には勝てずってとこでしょうか? レイチェルは、その相手がマイクとも知らずに替え玉受験を頼んでしまった。

誰が来るのかまだ知らないで約束の場所で待っているレイチェル。マイクは引き受けるつもりは毛頭なく、偶然、通りがかった事にしてレイチェルに会う。そして、今扱っている案件の女性を引き合いに出し、「彼女は、一つのミスで一生後悔する事になった。」と言い、レイチェルの性格から、一時の気の迷いでやってしまったら、その結果を一生後悔する事になると、遠まわしに気付かせようとした。そして、マイクは、替え玉受験の事は何も言わずにその場から去った。

ハーヴィーの抱えていたインサイダー取引の件が一件落着した後のラストシーンで、レイチェルがマイクを呼びとめます。何か感じている風なレイチェル。マイクもちょっと気まずそうな感じ。少し話をした後で、レイチェルが切り出します。「あそこに約束した人は来ず、あなたが現れた!・・・あなたね!?」、マイクは「何が?」と、しらを切るしかない。「統一テストで替え玉受験をしたんでしょ!?」、黙っているマイクを見て「今すぐ電話で名前を調べましょうか?」と問い詰めるレイチェル。替え玉受験の依頼を紹介してくれた人物に名前をきこうとしている。マイクは観念して「確かに僕が受けた。」と明かした。

レイチェルは、事が明るみに出て捕まるのが嫌でマイクが自分に協力していたと思い、怒り心頭でマイクを信じられずに、そのまま帰ってしまった!来週、この二人の関係のギクシャクは修復されるのでしょうか?まだ皆にはバレないんでしょうけどね? マイクの替え玉受験で弁護士になった人も多いはずだから、こう言うシチュエーションで過去が明るみに!なんてことあるよね!?(^_^;)

人気ブログランキングへ いつもご訪問ありがとうございます。

category: その他の海外ドラマ

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

cm 0   tb 0   page top

フリーエリア

カレンダーと月別ナビ

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。