04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Cinema Chips

映画と海外TVドラマの感想と新作情報、ブログパーツなどを紹介しています。 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

映画 「魔法使いの弟子」 の感想です。 

「魔法使いの弟子」を観てきました。まず、面白さから言うと・・・イマイチでした。タイトルから見てもお子様映画っぽいですから、それはもう、予想通りのお子様ムービーでした。この手の映画の最近の傾向である、主人公がクラスの落ちこぼれで、ドジばかりしている冴えない少年で、クラスの人気者の女子を好きになり・・・と言うお決まりの展開でした。おまけに「そんなヤツおらんやろっ!」って言う位のドジを何連発も見せられるとイライラが溜まりまくるし、ディズニー好きでもないですから大人二人で観るにはちょっと退屈で仕方がない映画でした。また、夏休みに子供連れ(小学生位まで)で観るには最適なファミリー映画!と言いたいのですが、内容が思っていたよりファンタジーでは有りませんでした。ストーリーの骨格は、「太古の昔から時を超えて、善対悪をめぐる魔法大戦争が繰り広げられてきたが、今は亡き偉大なる魔法使いマーリンの後継者が現れて、世界征服を企む邪悪な魔法使いとの決戦が始まる。」と言うもの。ところが、蓋をあけてみると・・・、単なる太古の昔から続く男女の三角関係の話やら、現世の"魔法使いの弟子"の恋の話しやらと、ちょっと人間臭い内輪話しばかりで、絶対に世界を巻き込んではいないスケールの小さい話しで終わっています!(^_^;)

この映画は、1940年のディズニーアニメ映画「ファンタジア」の中の「魔法使いの弟子」をモチーフにしているそうですね。私はディズニーアニメは殆んど観ないからアニメの「ファンタジア」を知りませんでした。さすがに、あの魔法使いの格好をしたミッキー・マウスは知っていますけどね!{/face_ase2/}この映画の中のシーンを観ていて、妙にディズニー映画らしい、子供受けするアニメっぽい展開の場面が有るなぁ・・・とは思っていました。アニメではミッキー・マウスが"魔法使いの弟子"だったんですね。それで、映画の中にディズニーアニメの「魔法使いの弟子」へのオマージュとなる映像として、同じシチュエーションの"掃除で大騒ぎする"と言う、なんとも子供っぽい場面が長々と続いたわけですか!?

映画を観終わってから感想を書く為に、「魔法使いの弟子」の画像を検索した時に、ここに貼ってあるミッキー・マウスの「魔法使いの弟子」の画像を見付けてやっとあそこの場面が納得できました。まるまるこの画像とそっくりな映像が映画の中に有りましたわ。そう言う意味で言うと、ディズニーアニメ好きな人にはサプライズで楽しめるかも知れないですね。ここの文章と画像を観た瞬間にサプライズでは無くなってしまっていますけど!{/face_ase2/} この画像の場面、映画の中に有りましたよ!私はこの時は、主人公の取って付けたようなドジっプリにイライラしながら辟易としていました。おまけに大学生が掃除でこのていたらくですよ!もうすっかりお子様ムービーに、私はあきらめムードでした。ディズニー好きだったら「ファンタジア」のオマージュと認識できて、このお掃除の場面で息を吹き返していたのかも知れませんね!?(苦笑)

しかし、主人公が物理専攻の大学生と言う設定なんだから、もう少しアルゴリズムを駆使して今風の魔法陣を完成させて結界を作って魔女を封印するとか、魔法テクニックを科学するとか、視覚効果のレベルを上げて欲しかったなぁ。あの魔法の訓練の場面なんて、せっかく、あんな地下に何かでっかい事が出来そうな研究室が有ったのに、カメハメハァー!ってやってるだけだったから、あそこも退屈で仕方がなかった。その上、気が付いたらいつの間にか♪タララ、ラッタッター♪とレベルアップして最終決戦で世界征服をも企むと言う最強の敵の魔女を簡単に倒しているし。最強の魔女が一番影が薄すかったのにもビックリ!(苦笑)どうもストーリーの要所要所にニューヨークを舞台にしたファンタジー映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」の焼き直しみたいな展開が出て来るし、どこも斬新さがなかったです。{/down/}

ちぇっくこの映画は、エンディングクレジットの最後に一コマだけオマケ映像がありますよ!

私の評価は10点満点中の5点です ≫ 採点表☆☆イライラ度は7です ≫ 採点表
ltmltmltmltm
 「魔法使いの弟子」 (英題:THE SORCERER'S APPRENTICE )
日本 公開日: 2010年 8 月 13日(金) (上映時間 1時間 50分)
監 督 : ジョン・タートルトーブ
キャスト: ニコラス・ケイジ / ジェイ・バルシェル / モニカ・ベルッチ / アルフレッド・モリナ 他
米 公 開 日 :  2010年 7月 14日  
全米週末興行成績 : 初登場3位
米Yahoo!ユーザー: 平均評価 「 B+ 」 ( 2604 ratings) (8/19現在の数字)
米 各雑誌批評家 : 平均評価 「 C 」 ( 12 reviews)  (  〃  )
 (米Yahoo!評価はA~Fの6段階。ユーザーと批評家それぞれの平均評価で、A+が最高です。)
解説 byYahoo!映画 : 『ナショナル・トレジャー』シリーズの製作、主演、監督トリオ、ジェリー・ブラッカイマーとニコラス・ケイジ、ジョン・タートルトーブが再結集したファンタジー・アクション。現代のニューヨークを舞台に、800年にわたり繰り広げられてきた魔法大戦争に勝つため、伝説の魔法使いの後継者にされてしまった気弱な物理オタク青年の成長を描く。共演は、『ファンボーイズ』のジェイ・バルシェル、モニカ・ベルッチら。
ストーリー : 現代のニューヨークで、800年にわたり繰り広げられてきた魔法大戦争がぼっ発。今は亡き魔法使いの最高指導者の後継者を探してきた魔法使いバルサザール(ニコラス・ケイジ)は、その運命を持つ若者デイヴ(ジェイ・バルシェル)を見いだし、自分の弟子にする。しかし、デイヴは悪と戦うどころかケンカすらしたことのない、気弱な物理オタクだった……。


スポンサーサイト

category: 映画レビュー ま 行

thread: 映画感想 - janre: 映画

cm 0   tb 0   page top

フリーエリア

カレンダーと月別ナビ

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。